HOME 教育状況公表 本日
⇒#3143@講義;

  アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接

http://www.geocities.jp/electrochemistry_ymu/

この 講義 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 の単元です。 この講義(アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接)の親単元は (null) です。

初版
アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価

次電池の集電体は充電時の酸化耐食性持つ必要があります高価な貴金属のぞけば不働態皮膜形成による耐食性の金属ということになります般的な不働態皮膜は酸化物イオン存在が必要でありリチウムイオン次電池のように有機電解液使う系では酸化物イオンの存在が期待できませんアルミニウムは有機電解液に含まれるアニオン中のッ素と反応して不働態皮膜形成形成できる数少ない金属ですその上集電体しての電気伝導性機械的特性コスト的にも有利でありさらには不働態皮膜が絶縁性のため電解液の酸化分解の保護にも役買っていますこのようにアルミニウムリチウム次電池の実用的な正極集電体として選択肢と行っても過言ではないでしょう

関連講義卒業研究-電気化学2004,導電助材1)

○西川幸秀,…らは2008年に大阪府堺市堺区戎島町4-45-1で開催された第49回電池討論会においてリチウムイオン次電池のためのフーリエ解析による金チタンアルミニウム正極集電体炭素導電材界面内部抵抗比較ついて報告している2)

セミナー20103)
アルミニウム|有機電解液界面4)
アルミニウム関係5)

実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 卒業論文 > アルミニウム関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1実験方法 > 材料&試 > カーボン > 導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(2リチウムイオン二次電池のためのフーリエ解析による金、チタン、アルミニウム正極集電体/炭素導電材界面の内部抵抗比較
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志 ,第49回電池討論会講演要旨集 (2008).
(3緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(4結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニウム|有機電解液界面,集電体|電解液(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(5結果と考 > 卒業論文 > アルミニウム関係,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11202'> 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3143'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3143 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-23">2019-9-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3143

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.