HOME 教育状況公表 本日
⇒#3151@講義;

  アルミニウム不働態皮膜の絶縁体から導体への遷移


この 講義 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 の単元です。 この講義(アルミニウム不働態皮膜の絶縁体から導体への遷移)の親単元は アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接 です。

初版
アルミニウム不働態皮膜は高電場印加するとイオン良く通しますがブレークダウン電位以下では電子絶縁体ですしかしアルミニウム不働態皮膜表面吸着あるいは接触する化学物質によっては絶縁体から導体へ遷移します特にアノード酸化形成された皮膜は酸素欠陥が多く不定比化合物半導体として振舞い通常は表面へのアニオン吸着よって絶縁性が保たれているとされていますしたがって電池正極活物質に使われるようなほとんどの酸化物直接アルミニウム集電体接触させても電池反応は起こりません導電助材炭素材料接触するとアルミニウム不働態皮膜絶縁性から導電性へと遷移し通電するようになりますつまり炭素材料の接触によってアルミニウム|炭素の界面抵抗が下がるということです

関連講義卒業研究-電気化学2004,セミナー20101)

緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1緒言(C > C1履歴 > 【201 > セミナー2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> アルミニウム不働態皮膜の絶縁体から導体への遷移 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11202'> 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3151'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3151 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-18">2019-9-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3151

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.