HOME 教育状況公表 本日
⇒#3149@講義;

  電池の内部抵抗と集電体|正極合材の接触抵抗


この 講義 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 の単元です。 この講義(電池の内部抵抗と集電体|正極合材の接触抵抗)の親単元は アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接 です。

初版
電池の内部抵抗は電流通電したときの電圧降下示すファクターであって電解液の溶液抵抗活物質反応抵抗集電体接触抵抗などの要素の総和となりますこのうち電気の通り道に沿った長手方向への電圧降下は厚みに依存するためバルク導電率向上させるほかに厚み薄くすることで低減できます方や電気の通り道が横切る界面での電圧降下は界面現象であり集電体の接触抵抗も界面抵抗と見なすことができます界面抵抗の大小は界面に接する材料変えて測定することで評価でき金はアルミニウム較べて小さいですアルミニウム予めアノード酸化して測定すると皮膜の厚みに応じて抵抗が上昇することから皮膜抵抗界面抵抗独立しているとみなせます皮膜生成するバルブメタルタンタルニオブアルミニウム較べるとこれらのうちアルミニウムもっとも皮膜抵抗が小さいです1)


電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).

(1電気二重層キャパシタの内部抵抗と集電体表面処理
○佐藤和美,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,足高善也,Patrice Simon,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (2005).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> 電池の内部抵抗と集電体|正極合材の接触抵抗 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11202'> 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3149'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3149 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-17">2019-9-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3149

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.