HOME 教育状況公表 令和2年9月20日

バルブメタル

1.

化学種分類です金属バルブ金属ともいいますバルブとは弁のことですアノード酸化陽極酸化により金属表面がその金属酸化物皮膜様におおわれて優れた耐食性示しその酸化皮膜が電流方方向にのみ流して逆方向には非常に流しにくいものですただこのバルブメタルに見られる酸化皮膜の整流作用は電解液に依存しいわゆるダイオードとは性質異にするものであるので注意が必要です1)それ以上アノード酸化できない電圧ブレークダウン電圧2)といいます

アノード酸化により酸化皮膜でおおわれる金属してはアルミニウム3)タンタル4)ニオブ5)チタン6)ハフニウムジルコニウム亜鉛タングステンビスマスアンチモンなどがいわゆるバルブ金属(金属)として知られているがこれらのうちで電解コンデンサ用としてはアルミニウムタンタルとが現在実用に供されています。

またアルミニウムリチウムイオン二次電池正極集電体として使われています

アルカリ溶液中では可溶性のタングステン酸イオンモリブデンイオンなどのオキソアニオン生成する金属アノード酸化できません

またチタンは酸化物が電子伝導性有するのでファラデーの法則に従わない
(1 > 電解法による酸化皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).
(2ブレークダウン電圧(breakdown voltage [ボルト].
(3アルミニウムAluminumAl, = 26.9815 g/mol, (化学種).
(4タンタルTantalumTa, = 180.948 g/mol, (化学種).
(5ニオブNiobiumNb, = 92.9064 g/mol, (化学種).
(6チタンTi, = 0 g/mol, (化学種).