⇒#438

導電率

電気のとおしやすさ示す物性値抵抗率の逆数電気伝導度ということもあります金属固体抵抗率1)液体導電率であらわすことが多いような電気運ぶ粒子電荷担体といいその種類によってイオン伝導電子伝導などに分類されます

マクスウェル方程式電磁場に対する物質の応答式として誘電率2)透磁率3)導電率組み合わせると電磁気的現象的に計算することができます物質導体半導体絶縁体などに分類されます導電率電気の通りやすさあらわすのに対して誘電率電気のためやすさあらわします金属電解液導電率端子法で測定しますが導電性高分子炭素粉体試料測定するときは空隙率や接触抵抗などの影響受けないようにしなければなりません

電解液導電率粘度4)が小さいほど大きくなる傾向があります移動度5)電気量6)かけると導電率になります電流密度7)電界の強さ8)で割った値です

ビール導電率1.6mS/cmでありました

関連講義卒業研究-電気化学2004,コンダクトメトリー9)

関連書籍
イオンの移動10)
ガスセンサ11)

実験方法 > 測定と評 > コンダクトメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

(1抵抗率 ρ / Ωm.
(2誘電率 ε / F/m.
(3透磁率 μ / -.
(4粘度 η / Pa・s.
(5移動度 μ / m2/V・s.
(6電気量 Q / C.
(7電流密度 J / A/m².
(8電界の強さ E / V/m.
(9実験方法 > 測定と評 > コンダクトメトリー,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(10電気化学 > イオンの移動
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(11 > ガスセンサ
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).