HOME 教育状況公表 令和4年6月30日

マクスウェル方程式

1.

ガウス定理アンペール法則から導いた電磁誘導に関する方程式1)電場磁場からみあって伝わる存在予言しましたマクスウェル方程式磁場対する物質応答式として誘電率透磁率導電率組み合わせると電磁気的現象的に計算することができます2)微分形に表現したマクスウェル方程式導電率電流おき真空の誘電率真空の透磁率代入して波動方程式変形するとその伝わる速度が光速度に致しまするこのことからが電磁あること示しましたマクスウェル方程式より透明な均質等方性媒質では屈折率誘電率透磁率から導かれることがわかります3)



J.C.マックスウェル(英)1831―1879,人物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).

第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体,2007年(平成19)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

(1J.C.マックスウェル(英)1831―1879,人物
仁科 辰夫, 電気化学の庵, 講義ノート, (2007).
(2ファインマン物理学3―電磁気学(目次)
ファインマン、レイトン、サンズ/宮島龍興, ファインマン物理学3―電磁気学, 岩波書店, (1971).
(3第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体,2007年(平成19)エネ変
立花 和宏, エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).