🏠
🌡️ 📆 令和4年10月7日

アノード

1.

電流の流れる向きに注目した呼び方で、外部回路から電流が流れ込む電極。陽極。あるいは外部回路が電極から電子を吸い込む側。電気化学セルでは外部回路が電解質、あるいは電極金属から電子を吸い上げることになります。電極の金属が耐食性に乏しいと腐食して金属イオンが電解液に溶け出します。電解液が水なら酸素が発生します。クーリッジ管のような電子管ではアノードが真空中をとんできた電子の衝突を受け止めるのでターゲット(対陰極)と呼ばれることもあります。ターゲットの物質の種類によって発生する固有X線の波長が異なります。

酸化反応が進行します。電池では放電時の負極、充電時の正極に相当します。電池式ではアノードを左に、カソードを右に書きます。

陽極ともいいましたが、正極と混乱するので最近は使いません。アノードに分極して酸化する方法をアノード酸化といいます。

プラス、マイナスが電圧の高い低いに注目した言い方なのに対して、カソード、アノードというのは電流や反応の進行する向きに注目した言い方です。たとえば電流を一方向にしか流さない半導体のダイオードでは、すでにアノード、カソードという言い方が一般的です。「発光ダイオードのアノードにプラスの電圧をかけると、電流が良く流れて光りますが、逆電圧をかけると流れません。」のように使います。

図 é›»æ± ã¨é›»æ± å¼
©Copyright 2018 Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

【関連講義】

エネルギー変換化学特論,酸化、アノード、化学吸着、半導体1)

エネルギー変換化学特論,電池式の書き方電池式の書き方とその意味2)

【関連書籍】

電気化学
溶液中のイオン
デバイ―ヒュッケルの理論
イオンの移動 移動度1) 粘度2)
イオンチャンネルとイオンポンプ
化学電池
半反応の電極3)
電極反応
種々の電池4)
電池反応5)
起電力6)
燃料電池
平衡状態の電池7)
標準電位8)
電位のpHによる変化
pHの決定
標準電位の応用
電気化学系列
熱力学関数の決定

アトキンス物理化学要論(目次)第4版9)

アノード カソード ガルバニ電池 デバイ-ヒュッケルの極限則 コールラウシュの法則 レドックス反応
(1移動度  [m2/V・s(平方メートル毎ボルト毎秒)].
(2粘度  [Pa・s(パスカル秒)].
(3電気化学 > åŠåå¿œã¨é›»æ¥µ
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(4電気化学 > ç¨®ã€…の電池
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(5電気化学 > é›»æ± åå¿œ
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(6電気化学 > èµ·é›»åŠ›
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(7電気化学 > å¹³è¡¡çŠ¶æ…‹ã®é›»æ± 
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8電気化学 > æ¨™æº–電位
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(9 > ã‚¢ãƒˆã‚­ãƒ³ã‚¹ç‰©ç†åŒ–学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

出典:
電気化学
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. ç‰©ç†åŒ–学要論. æ±äº¬åŒ–学同人, . ï¼‰ 3)

電極反応

アノード カソード 気体電極 金属-不溶性電極 銀-塩化銀電極 レドックス電極
出典:
電極反応
(P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. ã‚¢ãƒˆã‚­ãƒ³ã‚¹ç‰©ç†åŒ–学要論 第4版. æ±äº¬åŒ–学同人, . ï¼‰ 4)