⇒#894

充電

二次電池コンデンサ電気ためることです電流や定電圧による充電のほかCCCV法なども使われますためた電気出すこと放電といいます電池の場合は正極アノード負極カソードにする操作です外部電源が必要となります充電レートCレート表現することがあります


コンデンサでは電圧電気量に比例しますただし充電中はそのほか内部抵抗による電圧上昇があります

電圧静電容量×電気1)

電池では電気エネルギー2)化学エネルギー3)変換して貯蔵するため電池の電圧4)電気5)比例しません

物理量分解電圧6)SOC7)充電残量8)理論容量9)

関連講義卒業研究-電気化学2004,ククロフトウォルトン回路10)

結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1コンデンサにたまった電気量, (計算).
(2電気エネルギー E / J.
(3化学エネルギー G / J.
(4電圧 V / V.
(5電気量 Q / C.
(6分解電圧 V / V.
(7SOC SOC / .
(8充電残量 Q / mA・h.
(9理論容量 Q0 / Ah/g.
(10結果と考 > コッククロフト・ウォルトン回路,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).