HOME 教育状況公表 令和3年9月23日
⇒#118@レビュー;

6. 表面処理と機能化, p.143

山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学 . 丸善,.

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/2017/tcf52058/genden/genden.asp

参照元

講義ノート


出典・引用元

レビュー】表面処理と機能化⇒#118@レビュー;
山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, 2012. p.143.
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/2017/tcf52058/genden/genden.asp

引用・概要・要約・抄訳

 表面処理と機能化

表面処理の目的と用途

めっきアノード処理エッチング塗装化学処理泳動電着表面硬化化学修飾電鋳

表面の装飾

表面の耐食耐磨耗性化

表面の機能化

現代の電気化学目次1)



書評・注釈・コメント

反応式アルミニウムアノード酸化

  2Al + 3H2O →   Al2O3 + 6H+ + 6e-
(反応-477)

関連講義

無機化学実験,工業化学への応用電池アノード酸化エッチングディスプレイ20091)

仁科先生の工場見学ルポ,ディプソール2)

仁科先生の工場見学ルポ,3)

仁科先生の工場見学ルポ,矢米沢工場4)

かわだは2012年にそれまでの研究アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布効果いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果(仮)5)

佐藤 幸裕は2002年にそれまでの研究リチウム次電池正極劣化の機構解明と抑制というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業したリチウム二次電池正極劣化の機構解明と抑制6)

関連書籍

7)


科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<ul>
<!-- 書評 書評 書評 6. 表面処理と機能化, p.143 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=118"> 6. 表面処理と機能化, p.143 </a>
<br/> 山下正通、小沢昭弥.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=35"> 現代の電気化学 </a> </cite>.
丸善, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=118"> 参照 2006-1-16 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 6. 表面処理と機能化, p.143 書評 書評 書評 -->
</ul>

参考文献( 書籍雑誌URL )


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=118

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2021 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.