HOME 教育状況公表 令和2年9月20日

表面処理

1.

材料表面美しく装飾したり機能持たせたりするためにめっきアノード酸化塗装化学処理泳動電着表面硬化化学修飾電鋳処理ですなどのドライプロセスウェットプロセス大別されますJIS規格さだめられた処理もあります

 2.1.その他のウェットプロセス
  2.1.1.アノード酸化
  2.1.2.電解研磨化学研磨
  2.1.3.パシペーション
   2.1.3.1.パシベーション
   2.1.3.2.電気化学的不働態
   2.1.3.3.化学的不働態
   2.1.3.4.パシベーション処理
  2.1.4.化成処理
  2.1.5.電鋳
  2.1.6.電着塗装
  2.1.7.チング
  2.1.8.ゾルゲル
表面解析
 3.1.表面解析法の種類と特徴
  3.1.1.X線光電子分光(XPS)
 3.2.電子用いた解析法
  3.2.1.電子顕微鏡(SEMTEM)
  3.2.2.オージェ電子分光(AES)
  3.2.3.電子線マイクロアナライザ(EPMA)
 3.3.用いた解析法
 3.4.イオン用いた解析法
 3.5.その場(in situ)表面解析

1)

(1目次
表面技術協会, 表面処理工学 基礎と応用, 日刊工業新聞社, (2000).