🏠
🌡️ 📆 令和5年2月9日

実験

1.

実際に機械、装置、器具を使って人為的に生物や物質やエネルギーを操作し、現象の経験を通して仮説や事実を確かめ、再現性のある客観的知見としての情報や結果を得ること。実証論的な物理学1)、化学2)などの分野での物理実験3)、化学実験4)、生物実験5)は科学的な研究や学問にとても大切です6)。

山形大学工学部応用化学教室のカリキュラムに含まれる基礎実験Ⅰ、無機・分析化学応用実験7)はもちろん、卒業研究でもたくさん実験をします。結論を効率よくひきだすための統計的手法を実験計画法と言います8)。化学の実験では危険な有毒ガスや有毒物質も扱いますがこれらを環境に放出しないように気をつけましょう9)。

実験・実習では安全に十分注意して行いましょう10)。

一般的な理系の学術論文の本文原稿作成では、緒言、実験、結果、考察、結論、文献となります11)。


2.

無機・分析化学基礎実験/無機・分析化学応用実験/卒業研究(C1-磁気共鳴計測研究グループ-2004)/卒業研究(C1-電気化学グループ-2004)/