🏠
🌡️ 📆 令和6年6月20日

電極

語釈1.

エレクトロード。電気を流す極です。電解セルでは、作用極、参照電極、対極があります

電気化学への入門
水に電気を流す
水素と酸素の発生
電極の呼び方
ファラデーの法則
2電極方式から3電極方式へ

電気化学測定法(目次)1)

(1電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).

出典:
電気化学への入門
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. é›»æ°—化学測定法. æŠ€å ±å ‚出版, . ï¼‰ 1)
。電池では、正極、負極があります。たいていの電気化学セルでは電極と電解液で電子移動させますが、真空管などでは電極から真空に電子がとびだします。電子が真空中に飛び出す電極をカソード、それをうけとめる電極をアノードといいます。

電気化学セルではその機能から作用電極、参照電極、対極などに分類します。

電極はたいてい金属です。金属以外の活物質は、固体、液体、気体にそれぞれを金属に接触させねばなりません。電解液に活物質が溶解しているときは比較的容易に接触できますが、活物質が固体や気体のときにはそれぞれ工夫が必要です。

第一種の電極:金属電極と電解質溶液からなる電極

第二種の電極:金属相と溶液相と間に、金属相の金属イオンと溶液相と溶液相の難溶性の塩の相が存在するような電極(銀/銀イオン電極など)

の取り扱いもあります

目次
第1章 電気化学への入門1)
第2章 基礎的電気化学プロセス2)
第3章 電気化学測定法のための装置3)
第4章 電気化学セルの構成4)
第5章 電流電位曲線の測定電流電位曲線の測定 5)
第6章 ポテンシオメトリー:電位と化学反応
第7章 クーロメトリー:電気量から化学反応をさぐる
第8章 ポーラログラフィー:微量測定が可能
第9章 インピーダンス測定:界面へのアプローチインピーダンス測定6)
第10章 コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ7)
第11章 化学センサー:デバイス化された計測化学センサー:デバイス化8)
第12章 回転リング・ディスク電極法:電極反応プロセスをさぐる
第13章 過渡現象を追う:速い反応の測定
第14章 ありのままの電極表面をとらえる9)
第15章 表面状態測定法:電極表面をプローブする10)
第16章 光電気化学:太陽エネルギーも変換できる
第17章 生物電気化学:生体機能をさぐる
第18章 エレクトロオーガニックケミストリー:新しい有機合成


出典:
電気化学測定法(目次)
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. é›»æ°—化学測定法. æŠ€å ±å ‚出版, . ï¼‰ 2)
。

また、金属電極、酸化還元電極、ガス電極、などと分類するときもあります。

理想分極性電極と非理想分極性電極という分類もあります。溶液と電極の界面には電気二重層ができアニオンが特異吸着しています。

電極材料である金属、炭素、半導体の表面を機能性化学物で化学修飾し、電極下地にない性質や機能を与えた電極を修飾電極といいます電極3)。

サイズや形状から、微小電極などと分類することもあります。

実験前には前処理を忘れずにね。

トランジスタのエミッタ電極、ベース電極、コレクタ電極、FETのゲート電極、ドレイン電極、ソース電極なども電極と呼びます。


#🗒️👨‍🏫電解セル#🗒️👨‍🏫作用極#🗒️👨‍🏫参照電極#🗒️👨‍🏫対極#🗒️👨‍🏫電池#🗒️👨‍🏫正極#🗒️👨‍🏫負極#🗒️👨‍🏫金属#🗒️👨‍🏫活物質#🗒️👨‍🏫固体#🗒️👨‍🏫液体#🗒️👨‍🏫気体#🗒️👨‍🏫電解液#🗒️👨‍🏫接触#🗒️👨‍🏫溶解#🗒️👨‍🏫電解質#🗒️👨‍🏫前処理#🗒️👨‍🏫理想分極性電極#🗒️👨‍🏫非理想分極性電極#🗒️👨‍🏫溶液#🗒️👨‍🏫界面#🗒️👨‍🏫電気二重層#🗒️👨‍🏫アニオン#🗒️👨‍🏫特異吸着#🗒️👨‍🏫電気化学セル#🗒️👨‍🏫電子移動#🗒️👨‍🏫真空管#🗒️👨‍🏫真空#🗒️👨‍🏫電気#🗒️👨‍🏫修飾電極#🗒️👨‍🏫金属#🗒️👨‍🏫炭素#🗒️👨‍🏫半導体#🗒️👨‍🏫表面#🗒️👨‍🏫トランジスタ#🗒️👨‍🏫FET#🗒️👨‍🏫微小電極#🗒️👨‍🏫ガス電極#🗒️👨‍🏫作用電極#🗒️👨‍🏫参照電極#🗒️👨‍🏫対極#🗒️👨‍🏫分類#🗒️👨‍🏫アノード#🗒️👨‍🏫カソード#🗒️👨‍🏫材料#🗒️👨‍🏫電子


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Keyword.asp?nKeywordID=228
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.