⇒#256

電気二重層

電気重層とは電極界面分極によって現れる電気的な境界層です溶液電極界面には電気重層ができアニオン特異吸着しています1)

誤解承知で電気人にたとえるならちょうどホームのことでしょうか
ホーム電車に乗っている人イオンと歩いている人電子の境界ですよね

するとホームには待っている人電気がたまります

最近は電池の代わりに用いられる大容量キャパシタEDLC2)に応用されたりしています3)4)

界面平板コンデンサモデルで近似したヘルムホルツモデル電荷ボルツマン分布従い電位がソン方程式従うとしたグイチャプマンモデルヘルムホルツグイチャプマンモデル組み合わせたスターンモデルそのほかにグレアムモデルなどがあります5)要は界面の構造に対して微分容量が電位に対してどんな曲線になるかって話です6)

電解液電極界面ばかりでなくコロイド粒子分散媒界面7)や半導体のpn接合などでも論じられます

関連書籍
分子レベルからみた界面の電位発生機構8)
電気重層9)
電極溶液界面10)

緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > 電気二重層キャパシタ(EDLC),キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

接触抵抗の大きいEDLCのボルタモグラムグラフ.

EDLC理論値グラフ.

(1 > 電気化学の基礎事項
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(2 > コンデンサとはどんなものか
永田伊佐也, 電解液陰極アルミニウム電解コンデンサ, 日本蓄電器工業株式会社, (1997).
(3緒言(C > 製品調査 > エネルギ > キャパシ > 電気二重層キャパシタ(EDLC),キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4接触抵抗の大きいEDLCのボルタモグラムグラフ.
(5 > 基礎的電気化学プロセス
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, (1984).
(6EDLC理論値グラフ.
(7 > 高分子と分子集団合成
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).
(8 > 分子レベルからみた界面の電位発生機構
日本化学会 編, 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学, 学会出版センター, (197).
(9 > 電気二重層
Henry H.Bauer[著]/玉虫伶太, 佐藤弦訳, 電極反応 : エレクトロディクス概説, 東京化学同人, (1976).
(10固体表面 > 電極と溶液の界面
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).