HOME 教育状況公表 本日
⇒#841@レビュー;

18. 高分子と分子集団合成

P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論 . 東京化学同人,.

参照元

講義ノート【2011年(平成23)エネ変】


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

高分子と分子集団
合成高分子と生体高分子
形と大きさの決定
構造モデルランダムコイル
構造モデルポリペプチドポリヌクレオチド
高分子の機械的性質
中間相と分散系
液晶
分散系の分類
表面構造とその安定性
電気二重層

液晶 コロイド 分散 ゾル エアロゾル 親水コロイド 疎水コロイド 親液コロイド 疎液コロイド 解膠剤 電気透析 臨界ミセル濃度1) クラフト温度2) ゼータ電位3)

アトキンス物理化学要論目次4)
(1臨界ミセル濃度( [].
(2クラフト点( [].
(3ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(4 > アトキンス物理化学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

書評・注釈・コメント

関連書籍
高分子化学1)
電気化学の基礎事項2)
液体状態3)

関連講義
エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~4)
卒業研究-電気化学2004,ゴムポリマー5)
高分子工業化学6)


エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 材料&試 > ゴムとポリマー,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1 > 高分子化学
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > 電気化学の基礎事項
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3 > 液体状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4エネルギ > 【201 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5実験方法 > 材料&試 > ゴムとポリマー,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6高分子工業化学,高分子系(Aコース),etc,機能高分子工学科,山形大学
木村 宏,シラバス-山形大学, (2008).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841"> 18. 高分子と分子集団合成 </a> <br/> P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=357"> 物理化学要論 </a> </cite>. 東京化学同人, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841"> 参照 2009-11-2T14:21:22+09:00 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.