🏠
🌡️ 📆 令和6年7月18日
⇒#841@レビュー;

18. é«˜åˆ†å­ã¨åˆ†å­é›†å›£åˆæˆ

P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳. 物理化学要論 . 東京化学同人,.
#🗒️👨‍🏫高分子#🗒️👨‍🏫電気二重層#🗒️👨‍🏫電気透析 http://www.tkd-pbl.com/

参照元

講義ノート:


書評・注釈・コメント

【関連書籍】
高分子化学1)
電気化学の基礎事項2)
液体状態3)

【関連講義】
エネルギー変換化学特論,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~4)
卒業研究(C1-電気化学2004~),ゴムとポリマー5)
高分子工業化学6)


エネルギ > ã€ï¼’01 > é«˜åˆ†å­ææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã‚„セパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒãƒªãƒžãƒ¼,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1 > é«˜åˆ†å­åŒ–å­¦
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > é›»æ°—化学の基礎事項
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3 > æ¶²ä½“状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4エネルギ > ã€ï¼’01 > é«˜åˆ†å­ææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã‚„セパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒãƒªãƒžãƒ¼,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6高分子工業化学,高分子系(Aコース),etc,機能高分子工学科,山形大学
木村 宏,シラバス-山形大学, (2008).

引用・概要・要約・抄訳

高分子と分子集団
合成高分子と生体高分子
形と大きさの決定
構造のモデル:ランダムコイル
構造のモデル:ポリペプチドとポリヌクレオチド
高分子の機械的性質
中間相と分散系
液晶
分散系の分類
表面構造とその安定性
電気二重層

液晶 コロイド 分散系 ゾル エアロゾル 親水コロイド 疎水コロイド 親液コロイド 疎液コロイド 解膠剤 電気透析 臨界ミセル濃度1) クラフト温度2) ゼータ電位3)

アトキンス物理化学要論(目次)第4版4)
(1臨界ミセル濃度( [].
(2クラフト点( [].
(3ゼータ電位(ζ potential [ボルト].
(4 > ã‚¢ãƒˆã‚­ãƒ³ã‚¹ç‰©ç†åŒ–学要論(目次)第4版
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

出典・引用元

type=7,id=3260

他の著作物の一部分を自由に掲載するためには、以下の条件 を満たす必要があります。これらは著作権法の第32条(引用)と 第48条(出所の明示)に基づきます。 1 )

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。

2 )

<ul>
<!-- 書評 書評 書評 18. é«˜åˆ†å­ã¨åˆ†å­é›†å›£åˆæˆã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€-->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841"> 18. é«˜åˆ†å­ã¨åˆ†å­é›†å›£åˆæˆ </a>
<br/> P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=357"> 物理化学要論 </a> </cite>.
東京化学同人, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841"> 参照 2009-11-2 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 18. é«˜åˆ†å­ã¨åˆ†å­é›†å›£åˆæˆã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€æ›¸è©•ã€€-->
</ul>


【関連書籍】
高分子化学1)
電気化学の基礎事項2)
液体状態3)

【関連講義】
エネルギー変換化学特論,高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~4)
卒業研究(C1-電気化学2004~),ゴムとポリマー5)
高分子工業化学6)


エネルギ > ã€ï¼’01 > é«˜åˆ†å­ææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã‚„セパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒãƒªãƒžãƒ¼,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1 > é«˜åˆ†å­åŒ–å­¦
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(2 > é›»æ°—化学の基礎事項
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(3 > æ¶²ä½“状態
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (198).
(4エネルギ > ã€ï¼’01 > é«˜åˆ†å­ææ–™ï½žãƒªãƒã‚¦ãƒ é›»æ± ã®ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€ãƒ¼ã‚„セパレータの働き~,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(5実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒãƒªãƒžãƒ¼,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6高分子工業化学,高分子系(Aコース),etc,機能高分子工学科,山形大学
木村 宏,シラバス-山形大学, (2008).
<%nExtID=841:szRefType="book":szRefHeadLine="P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳,物理化学要論,東京化学同人,18. é«˜åˆ†å­ã¨åˆ†å­é›†å›£åˆæˆ(1905)"%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


出版物

表   1 出版物
種類 例
非定期刊行物 図書 ・書籍 ・ 学位論文 ・抜刷り・学校教科書
定期刊行物 新聞・雑誌( 学術論文)・年鑑
そのほか 楽譜、 カレンダー、番組表、 地図

著作物 の著作権は、著者にあります。 しかし、著作物を出版した場合、出版物の著作財産権は、著者ではなく、出版社に帰属することが多いです。


◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=841
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.