HOME 教育状況公表 本日
⇒#746@レビュー;

インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方(目次)

立花 和宏監修、ほか. インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方 . 技術情報協会,.

参照元

講義ノート


出典・引用元


引用・概要・要約・抄訳

インピーダンス測定ノウハウデータ解析の進め方目次

技術情報協会
http://www.gijut…

 電気化学の基礎と測定進め方1)
1 電気化学の基礎
2 電気化学測定の基本

 電池特性インピーダンス2)
-基礎測定装置種類使い方-
1 インピーダンスの基礎
2 電池特性インピーダンス
3 インピーダンス測定に使用する装置の種類と使い方

 電気インピーダンスの基礎と測定解析の進め方3)
1 電気インピーダンスとは?
2 電池コンデンサーキャパシター
3 コンデンサーの性能
4 電気インピーダンス測定

 粉体材料炭素材料多孔質材料イオン導電体誘電体モルフォロジー物性の求め方4)
1 粉体材料モルフォロジー物性分散
2 炭素材料インピーダンス測定
3 電極ナノ多孔構造インピーダンス解析
4 イオン導電体誘電体の導電率誘電率求め方

 リチウム次電池の測定解析5)
1 リチウムイオン電池インピーダンス関連する化学分析
2 インピーダンス(ACIS)わかる材料特性 -正極電解質界面
3 表面処理した正極のインピーダンス特性
4 インピーダンスによるインサーション材料への電荷移動反応
5 交流印加時のリチウムイオン電池発熱インピーダンス
6 リチウムイオン次電池の等価内部抵抗とエントロピー変化の推定法
7 インピーダンスによるモデルセルサイクル挙動の解析
8 携帯電話リチウムイオン電池ための内部インピーダンス測定概要

 電気二重層キャパシタ測定解析6)
1 電気二重層キャパシタ交流インピーダンス測定およびその解釈
2 多孔性電極の電気化学インピーダンス

 燃料電池固体高分子膜の測定解析7)
1 燃料電池インピーダンス測定方法セル特性解釈の仕方
2 燃料電池固体高分子膜のインピーダンス測定

 色素増感太陽電池評価法8)
-インピーダンス法による評価解析-

 インピーダンス標準校正測定技術9)

10 インピーダンス測定データ解析 Q&A10)

附録 電気図記号 新旧比較

執筆者
山形大学 立花 和宏
東京大学 立間
上智大学 遠藤
山形大学 粟野
東陽テクニカ 佐々木 浩人
横河マニュファクチャリング 津野
山形大学 木俣 光正
大分大学 豊田 昌宏
長崎大学 森口
長崎大学 山田 博俊
産業技術総合研究所 竹内 友成
レリサーチセンター 栄治
東京農工大学 小山
群馬大学 森本 英行
群馬大学 鳶島
京都大学 安部 武志
産業技術総合研究所 齋藤 喜康
滋賀県立大学 義尚
山口大学 江頭
()NTTドコモ 竹野 和彦
日清紡績() 野津 龍太郎
産業技術総合研究所 山下 順也
東京電機大学 西川 尚男
日本ベル() 吉田 将之
同志社大学 足立 基齊
産業技術総合研究所 坂本 憲彦
山形大学 仁科 辰夫
経済産業 後藤 博幸

(1 > 第1章 電気化学の基礎と測定の進め方
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(2 > 第2章 電池特性とインピーダンス
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(3 > 第3章 電気インピーダンスの基礎と測定・解析の進め方
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(4 > 第4章 粉体材料・炭素材料・多孔質材料・イオン導電体・誘電体のモルフォロジーと物性の求め方
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(5 > 第5章 リチウム二次電池の測定と解析
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(6 > 第6章 電気二重層キャパシタの測定と解析
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(7 > 第7章 燃料電池・固体高分子膜の測定と解析
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(8 > 第8章 色素増感太陽電池評価法
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(9 > 第9章 インピーダンス標準の校正測定技術
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).
(10 > 第10章 インピーダンス測定・データ解析 Q&A
立花 和宏監修、ほか, インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方, 技術情報協会, (2009).

書評・注釈・コメント

関連講義
電極構造の理解とスラリーの調整インピーダンス測定の基礎,電極構造の理解とスラリーの調整インピーダンス測定の基礎1)
電極構造の基礎とスラリーの調整材料の分散乾燥条件インピーダンス測定よる評価,3 インピーダンス測定の基礎とデータ解析の仕方考え方 2)

 > 電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎,
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).

 > 第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方 ,
立花 和宏,電極構造の基礎とスラリー, 講義ノート, (2009).

(1 > 電極構造の理解とスラリーの調整/インピーダンス測定の基礎,
立花 和宏,電極構造の理解とスラリー, 講義ノート, (2009).
(2 > 第3講 インピーダンスの測定の基礎とデータ解析の仕方・考え方 ,
立花 和宏,電極構造の基礎とスラリー, 講義ノート, (2009).

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<!-- 書評 書評 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=746"> インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方(目次) </a>
<br/> 立花 和宏監修、ほか.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=220"> インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方 </a> </cite>.
技術情報協会, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=746"> 参照 2009-1-14 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 書評 書評 -->

参考文献( 書籍雑誌URL )


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=746

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.