🏠
🌡️ 📆 令和4年10月8日
⇒#871@レビュー;

日本化学会 編. 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学 . 学会出版センター,.
4. 分散系の電気化学

参照元

講義ノート



書評・注釈・コメント

関連講義卒業研究-電気化学2004,分散電極1)

関連書籍
エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次2)
粉体の液中分散3)
化学工学機械的操作目次4)
有機ファインケミカルズ5)
分散系の電気化学6)


実験方法 > 電極 > 分散電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1実験方法 > 電極 > 分散電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(2 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, (2007).
(3 > 粉体の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(4 > 化学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).
(5 > 有機ファインケミカルズ
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(6 > 分散系の電気化学
日本化学会編, 分子レベルからみた界面の電気化学, 東京大学出版会, (197).

引用・概要・要約・抄訳

分散系の電気化学

平井竹次田里伊佐雄

はじめに
分散電極
分散系の界面電気現象
おわりに

関連書籍化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学目次1)
(1 > 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学(目次)
日本化学会 編, 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学, 学会出版センター, (197).

出典・引用元

科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<ul>
<!-- 書評 書評 書評 4. 分散系の電気化学 書評 書評 書評 -->
<li>
<a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=871"> 4. 分散系の電気化学 </a>
<br/> 日本化学会 編.
<cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=0"> 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学 </a> </cite>.
学会出版センター, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=871"> 参照 2009-12-13 </a> ) .
</li>
<!-- 書評 書評 書評 4. 分散系の電気化学 書評 書評 書評 -->
</ul>


参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=871


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.