⇒#271

接触

バルクバルクが接合すること

主に固体固体界面さしますが対象が液体気体の場合もあります固体気体気相吸着固体液体液相吸着液体気体液相吸着液体液体液相吸着の相間界面ある物質が濃縮されること吸着といいます1)2)脱離脱着いいます

固体同士の接触では点接触線接触が中心となるため接触状態に雰囲気ガス液体環境あるいはその双方の影響受けることがあります接触になんらかの引力が働いているときは接着といいます分子間力静電気力液体架橋による表面張力などが働きます

導体どうしが接触すると接触抵抗が生じます電池では集電体合材の接触が重要です

関連書籍分子レベルからみた界面の電位発生機構3)

 > 物理化学実験_2009,
勝山 哲雄,物理化学実験, 講義ノート, (2009).

(1 > 表面の化学(目次)
岩澤康裕, 小間篤編, 表面の化学, 丸善, (1994).
(2 > 物理化学実験_2009,
勝山 哲雄,物理化学実験, 講義ノート, (2009).
(3 > 分子レベルからみた界面の電位発生機構
日本化学会 編, 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学, 学会出版センター, (1975).
半導体工学