HOME 教育状況公表 令和2年10月29日

トランジスタ

1.

1.トランジスタってなに
半導体素子のひとつ1)2)ふつうはバイポーラトランジスタのことですエミコレクタベース本足の半導体素子3)略してエクボなどと覚えたものですバイポーラトランジスタと動作原理の異なるFETもありますゲルマニウム4)も使われましたが現在ケイ5)中心とした半導体主流です6)カーボンナノチューブトランジスタ7)や有機薄膜トランジスタOTFTも研究されています8)9)

集積回路が普及する前は単品でテレビなどに使われていました10)いまではオペアンプなどの集積回路の中に組み込んで使うことが多くなりました11)増幅作用がありますコンピュータCPUなどに使われるデジタル回路スイッチング素子して使われます12)

関連講義
エネルギー変換化学特論,有機分子分子トランジスタ13)
お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,品川歴史館14)

関連書籍半導体デバイス集積回路15)

エネルギ > 【200 > 第6講 pn接合と過電圧、センサー(半導体と界面),【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

【学会】第34回高分子夏季ゼミ
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

学術・研 > NHK放送技術研究所,学術・研究施設
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).

エネルギ > 【201 > 有機材料 > 有機分子と分子トランジスタ,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

特になし > 品川歴史館,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2012).

(1エレクト > 半導体デバイスと集積回路
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).
(2エネルギ > 【200 > 第6講 pn接合と過電圧、センサー(半導体と界面),【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(3 > 電磁気・原子物理
吉田卯三郎, 武居文助共著, 物理学実験, 三省堂, (195).
(4ゲルマニウムGe, = 72.59 g/mol, (化学種).
(5ケイ素SiliconSi, = 28.0855 g/mol, (化学種).
(6 > 高校数学でわかる半導体の原理(目次)
竹内淳, 高校数学でわかる半導体の原理, 講談社ブルーバックス, (2007).
(7 > 新材料
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, (2005).
(8【学会】第34回高分子夏季ゼミ
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(9学術・研 > NHK放送技術研究所,学術・研究施設
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2007).
(10 > 電子部品図鑑(目次)
小島昇, 電子部品図鑑, 誠文堂新光社, (2007).
(11 > 工場見学!モノがつくられる工程をみる
松林光男、渡辺弘, イラスト図解 工場のしくみ, 日本実業出版社, (2004).
(12エレクトロニクス概論,物質化学工学科(Aコース),etc,物質化学工学科,山形大学
E188,シラバス-山形大学, (2007).
(13エネルギ > 【201 > 有機材料 > 有機分子と分子トランジスタ,有機材料~リチウム電池の有機電解液の働き~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(14特になし > 品川歴史館,特になし
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2012).
(15エレクト > 半導体デバイスと集積回路
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 新星社, (1990).

2.

電子デバイス