HOME 教育状況公表 本日
⇒#3153@講義;

  アルミニウムへの合材スラリー塗布

立花和宏
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 の単元です。 この講義(アルミニウムへの合材スラリー塗布)の親単元は アウトライン_有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接 です。

初版
工業的に電池の電極作るにはアルミニウム箔に合材スラリー塗布乾燥しなければなりませんその際導電助材炭素材料電池正極活物質ほかに材料粒子間隙埋めて結着したりアルミニウム箔に接着したりするのにバインダー使われますより量産に適しかつ安全な正極活物質の塗布には従来使われた溶剤系のバインダーにかわ環境もやさしい水分散バインダー検討されていますこのような分散系バインダーでは分散状態制御するのに界面活性剤印刷適性制御するのに増粘剤添加されます界面活性剤増粘剤の選択誤ると塗布時にアルミニウム箔が腐食され乾燥後の合材の剥離などの原因になるので電解液ばかりではなく界面活性剤増粘剤への耐食性も検討する必要があります

関連講義
エネルギー変換化学特論,電池材料分散スラリー調整1)
リチウムイオン電池の高変換率高出力化,電極スラリー調整塗布乾燥プレスアセンブル2)


エネルギ > 【201 > 化学工学 > 電池材料の分散とスラリーの調整,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).

 > 4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル,
立花 和宏,リチウムイオン電池の高変, 講義ノート, (2010).

(1エネルギ > 【201 > 化学工学 > 電池材料の分散とスラリーの調整,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).
(2 > 4―電極スラリー調整と塗布・乾燥・プレス・アセンブル,
立花 和宏,リチウムイオン電池の高変, 講義ノート, (2010).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> アルミニウムへの合材スラリー塗布 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11202'> 有機電解液中におけるアルミニウム集電体炭素合剤の接触抵抗の評価 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3153'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3153 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-20">2019-11-20</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3153

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.