HOME 教育状況公表 本日
⇒#815@講義;

  クエン酸錯体


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(クエン酸錯体)の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
クエン酸錯体

クエン酸1)と金属硝酸塩使って正極活物質2)合成しますイヤー電極3)直接活物質つけると高速特性見るのに適しています

たとえば合成は硝酸マンガンおよび硝酸リチウムクエン酸LiMnクエン酸 22モル比に採取し少量の蒸留水加えて溶解させたこの溶液に集電体になる金のワイヤ(φ=0.3mm)緒に入れたロータリーエバポレータ用いて55℃で脱水と脱ガスすると約20 minで高粘性液体となった金ワイヤにも高粘性液体がコーティングされたこれ真空乾燥4 hr70し嵩だかい吸湿性の粉末(クエン酸錯体)と粉末が表面にコーティングされた金電極得たこの粉末はX線回折からアモルファスでありSEM観察によると綿毛状であったこのクエン酸錯体および金電極空気中で仮焼( 30sec)さらに800℃で2 hr加熱してLiMn2O4粉末およびLiMn2O4薄層電極得た試料粉末XRD確認したところ結晶発達した単相のスピネルLiMn2O4なっていた

リン鉄酸リチウム4)
マンガンリチウム5)

かわせは2010年にそれまでの研究液晶プローブしたというテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した6)

2006年度平成18卒業研究7)
はら8)

2004年度平成16卒業研究9)
はら10)

2000年度平成12卒業研究11)
ゆみこ12)

1999年度平成11卒業研究13)
クエン酸錯体使い金集電体上にスピネル直接合成/sの高速掃引が可能であること示した
まさのり14)
硝酸水和物15)

遷移金属酸化物の液相法による合成技術奨学寄附金40703116)

実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 電極 > ワイヤー電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【2000年度(平成12)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).

緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

(1クエン酸Citric acidC6H8O7, FW = 192.12532 g/mol, (化学種).
(2実験方法 > 材料&試 > 活物質,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > 電極 > ワイヤー電極,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(5実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(6リチウムイオン二次電池正極活物質LiFePO4と表面炭素コーティングの関係(仮)
川瀬 巧雄, 卒業論文, (2010).
(7緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(8クエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価
原 啓, 修士論文, (2007).
(9緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(10クエン酸錯体法によって合成したLiMn2O4の形状制御と電池特性の改善
原 啓, 卒業論文, (2005).
(11緒言(C > C1履歴 > 【2000年度(平成12)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).
(12リチウム二次電池正極活物質LiMn2O4のクエン酸錯体法による合成の制御
雨宮 由美子, 卒業論文, (2001).
(13緒言(C > C1履歴 > 【1999年度(平成11)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(14薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性
佐藤 昌則, 卒業論文, (2000).
(15硝酸鉄(Ⅲ)九水和物, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2007).
(16遷移金属酸化物の液相法による合成技術(奨学寄附金407031)プロジェクト.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> クエン酸錯体 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=815'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=815 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-19">2019-9-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=815

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.