HOME 教育状況公表 本日
⇒#3375@講義;

  パッケージ(缶、ラミネートフィルム)


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(パッケージ(缶、ラミネートフィルム))の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
リチウムイオン次電池のケージには円筒缶のほかラミネートフィルムが使われていますリード取り出しのタブ部には特殊なフィルムが使われています

ラミネートフィルムはあらかじめフォーミングしてからシールしますがフォーミングに伴って生じるフィルムクラガスバリア性低下させるので注意が必要です

ひさこは2008年にそれまでの研究アルミニウムの腐食に対する水分濃度とクロム被覆の影響というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

さとるは2007年にそれまでの研究安全な電気自動車用リチウムイオン次電池の設計技術に関する研究というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した2)

関連講義
ピカッとさいえんす,トボトルおさかなキャチャー~浮沈子と圧力~3)
エネルギー変換化学特論,高分子材料リチウム電池バインダーセパレータ働き~4)

四丁目サ > ペットボトルおさかなキャッチャー~浮沈子と圧力~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).

エネルギ > 2011 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,2011年(平成23)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1アルミニウムの腐食に対する水分濃度とクロム被覆の影響
服部 久子, 卒業論文, (2008).
(2安全な電気自動車用リチウムイオン二次電池の設計技術に関する研究
田中 智, 修士論文, (2007).
(3四丁目サ > ペットボトルおさかなキャッチャー~浮沈子と圧力~,四丁目サイエンス劇場
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2006).
(4エネルギ > 2011 > 高分子材料~リチウム電池のバインダーやセパレータの働き~,2011年(平成23)エネ変
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> パッケージ(缶、ラミネートフィルム) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3375'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3375 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-9-22">2019-9-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3375

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.