HOME 教育状況公表 本日
⇒#1433@講義;

  有機材料(液晶材料や有機半導体)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(有機材料(液晶材料や有機半導体))の親単元は 材料&試料(消耗品) です。

初版
まきは2012年にそれまでの研究液晶プローブとした電気化学というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用1)

液晶の高速応答性の評価 液晶の高速応答性の評価2)

4-シアノ-4´-n-ヘプチルオキシビフェニル3)
4-(trans-4-アミルシクロヘキシル)ベンゾニトリル4-(trans-4-アミルシクロヘキシル)ベンゾニトリル4)
4-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニル5)CB4-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニル6)
TK-LQ 36807)
MLC-66088)
ZLI-47929)
ZLI-229310)
ZLI-229311)
5CB12)
4-シアノ-4'-ペンチルビフェニル13)

粘度ηPa・s体積弾性率nPa誘電率εF/m

透明電極の間に挟んで電圧印加応答観察します

第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体14)
顕微鏡用加熱装置15)

にれぎ液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化16)にれぎ液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用17)にしまた交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム18)かのまた有機不純物が液晶材料と配向膜界面につくる面欠陥によって起こる漏れ電流19)ふじ液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果20)

にれぎは2010年にそれまでの研究液晶材料使ったリチウム電池用活物質導電剤表面評価いうテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用21)

誘電異方性22)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,ディスプレイデバイス23)
卒業研究-電気化学2004,液晶セル24)
液晶パネルのつくり方25)

学会液晶サマースクール静岡県熱海市【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市26)
液晶材料液晶材料のサンプル27)
特許出願2007-239251:液晶物性評価装置28)

関連書籍
液晶高分子入門目次液晶・高分子入門(目次)29)
液晶材料30)


年間計画 > イベント > 発展実験 > 発展実験 > 液晶の高速応答性の評価,発展実験2007
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

エネルギ > 【200 > 第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体,【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).

顕微鏡用加熱装置
,ジャパンハイテック LK-700,,(,).

緒言(C > 製品調査 > ディスプレイデバイス,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 電気化学 > 液晶セル,電気化学セル・電解セル
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

品質管理 > 2007 > 第5講  > 液晶パネルのつくり方,第5講 品質管理と品質保証
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).

【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

液晶材料のサンプル
非公開情報, 研究ノート, (1).

(1液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用
森田 茉季, 山形大学 理工学研究科 物質化学工学専攻, 修士論文 (2012).
(2年間計画 > イベント > 発展実験 > 発展実験 > 液晶の高速応答性の評価,発展実験2007
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(34-シアノ-4´-n-ヘプチルオキシビフェニル, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(44-(trans-4-アミルシクロヘキシル)ベンゾニトリル, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(54-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニル, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(64-シアノ-4´-n-ヘプチルビフェニルC18H19N, = 249.35556 g/mol, (化学種).
(7TK-LQ 3680, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(8MLC-6608, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(9ZLI-4792, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(10ZLI-2293, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(11ZLI-2293, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(125CB, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(134-シアノ-4'-ペンチルビフェニル, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(14エネルギ > 【200 > 第8講 発表の組み立て、偏光と液晶と誘電体,【2007年(平成19)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2007).
(15顕微鏡用加熱装置
,ジャパンハイテック LK-700,,(,).
(16液晶材料の漏れ電流とインピーダンス測定条件の最適化
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2008).
(17液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(18交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2009).
(19有機不純物が液晶材料と配向膜界面につくる面欠陥によって起こる漏れ電流
鹿又 憲紀, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2009).
(20液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
藤田 圭介, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2009).
(21液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(22誘電異方性, (計算).
(23緒言(C > 製品調査 > ディスプレイデバイス,製品調査
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(24実験方法 > 電気化学 > 液晶セル,電気化学セル・電解セル
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(25品質管理 > 2007 > 第5講  > 液晶パネルのつくり方,第5講 品質管理と品質保証
立花 和宏,品質管理, 講義ノート, (2007).
(26【学会】液晶サマースクール@静岡県熱海市
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(27液晶材料のサンプル
非公開情報, 研究ノート, (1).
(28特許出願2007-239251:液晶物性評価装置
立花和宏, 特許出願2007-239251, (2007).
(29 > 液晶・高分子入門(目次)
竹添秀男;渡辺順次, 液晶・高分子入門, 裳華房, , (2004).
(30 > 液晶材料
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 有機材料(液晶材料や有機半導体) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1433'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1433 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-18">2019-8-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1433

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.