HOME 教育状況公表 本日
⇒#1573@講義;

  液晶ミクスチャー


この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(液晶ミクスチャー)の親単元は 有機材料(液晶材料や有機半導体) です。

初版
メルク社製液晶ミクスチャーVAモード

型番 
①MLC-6609  
②MLC-6610
③MLC-6883
④MLC-6884

 数量

MLC-66081)
MLC-66012)

○藤田 圭介…らは2008年に戸工業大学青森県戸市大字妙字大開881で開催された平成20年度 化学系学協会東北大会において液晶ディスプレイ材料分子配向及ぼす極性溶媒の添加効果について報告している3)

ZLI-47924)
ZLI-22935)
ZLI-22936)

シングルコンパウンド

ゼータ電位7)誘電率8)終端速度9)位相10)

有機エレクトロデバイスの電流リークと分子電線モデル11)

液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).

(1MLC-6608, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2007).
(2MLC-6601, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2007).
(3液晶ディスプレイ材料の分子配向に及ぼす極性溶媒の添加効果
○藤田圭介,遠藤孝志,立花和宏,仁科辰夫,平成20年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2008).
(4ZLI-4792, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2009).
(5ZLI-2293, 仁科研究室(南東側), 仁科 辰夫, (2009).
(6キーワード.
(7ゼータ電位(ζ potentialζ [ボルト].
(8誘電率(permittivityε [ファラッド毎メートル].
(9終端速度(terminal velocityV [メートル毎秒].
(10位相差(phase shiftφ [].
(11有機エレクトロデバイスの電流リークと分子電線モデル
立花 和宏, 第41回セミコンファレンス, (2009).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 液晶ミクスチャー </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2007. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1573'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1573 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-2-18">2019-2-18</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1573

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.