HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒#1067@講義;

  カーボン材料

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_08.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。


この講義の概要


概要

炭素材料DIABLACK I1)は炭素が無限の同素体持ちえるために非常に多岐にわたりますたとえばグラファイトアセチレンブラック【実験】グラファイトとアセチレンブラックグラファイトKS-152)不定形炭素デンカブラックIC-33)などの試料があります

試料
アセチレンブラック4)アセチレンブラック基準試料アセチレンブラック(基準試料)5)ハードカーボン6)ハードカーボン7)AMC-Sカーボンナノチューブ8)

カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計9)

○森田 茉季…らは2010年に富山大学キャンパス(富山市3190) で開催された電気化学会第77回大会において液晶場プローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価について報告している液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価10)

○楡木崇仁,…らは2009年に国立京都国際会館〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池開催された第50回電池討論会においてリチウムイオン次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整及ぼす効果について報告しているリチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果11)

カーボン表面の官能基はカルボキシル基ヒドロキシ基からなる解放型とラクトン型があります非極性固体なので水のような極性溶媒と組み合わせた場合界面活性剤配向並びますが逆にヘキサンような非極性溶媒と組み合わせると界面活性剤の配向は並びせん吸着質12)

導電助材として使われます一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能13)内部抵抗電流特性 内部抵抗と電流特性14)影響します

粉体粉体の表面化学(目次)15)として比表面積 S 〔m2/kgの大きいものが多いです

活性炭EDLCに使われます炭素ナノ細孔体を用いた電気化学エネルギー変換・貯蔵デバイス・・・16)微分容量

電池の放電とクロノポテショグラムの基礎17)

グラファイト KS-15 (フコク提供)18)

なり電気化学キャパシタの急速充放電時における有効容量の向上19)ふみとリチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究20)
グラファイト ks−15のESRスペクトル [4mw・マンガン有] 21)

まきは2010年にそれまでの研究液晶プローブした導電助剤の表面の評価というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析22)

物理量
一次粒径 r 〔m比表面積 S 〔m2/kg
格子定数 a 〔m電気抵抗率 ρ 〔Ω·m
水分 灰分
pH x 〔
接触面積 x 〔

カーボンブラック比表面積測定結果
測定島津製Flow sorb U 2300用いてBET1点法により行いました
吸着ガスは窒素とヘリウムの混合ガス(N2:H3=7:3)で御座います
測定結果から比表面積72.84 m2/g(脱着)なっておりました


関連講義
卒業研究-電気化学2004,導電助材|導電助材23)
卒業研究-電気化学2004,導電助材|電解液24)
無機工業化学,炭素材料セラミクス炭素材料(セラミックス)25)
卒業研究-電気化学2004,炭素負極グラファイトなど炭素負極(グラファイトなど)26)
電気化学の庵,JIS窯業炭素製品炭素製品@JIS.R―窯業27)
3000℃が作る航空部材―窯業―28)
炭素材料と導電助材29)

関連書籍
炭素自問自答目次炭素・自問自答(目次)30)
リチウムイオン電池用材料31)
【実験】グラファイトとアセチレンブラック
カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計
液晶場をプローブとした炭素導電助材の表面官能基の評価
リチウムイオン二次電池正極活物質表面への有機分子吸着が合材スラリー調整に及ぼす効果
一次電池および二次電池の充放電時における正極導電助材としての炭素材料の機能
内部抵抗と電流特性
炭素ナノ細孔体を用いた電気化学エネルギー変換・貯蔵デバイス・・・
電池の放電とクロノポテショグラムの基礎
グラファイト ks−15のESRスペクトル [4mw・マンガン有] 
カーボンブラック比表面積測定結果
導電助材|導電助材
導電助材|電解液
炭素材料(セラミックス)
炭素負極(グラファイトなど)
炭素製品@JIS.R―窯業
3000℃が作る航空部材―窯業―
炭素材料と導電助材

関連の展示品

参考文献書籍論文 ・URL)

課題



<li> <article> . <q><cite> カーボン材料 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1067'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1067 </a> ,  (参照 <time datetime="2017-11-19">2017-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=1067