🏠
🌡️ 📆 令和4年12月10日
戻る 進む ⇒#365@学会;

カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計


小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫, 2014年電気化学秋季大会 , 北海道大学高等教育推進機構,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計⇒#365@学会;
カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計
小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2014).


立体構造の異なる炭素材料用いてLiFePO4合材スラリー作成したところ電池反応伴う還元電流がABの場合0.1μACNTの場合10μA観測された

立体構造の異なる炭素材料によってLiFePO4への接触状態が異なったため 電流値に違いがあらわれたと考えられる

材料リン酸鉄リチウム

1)

2)



2014年電気化学秋季大会
20140927
カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計
小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=365'> <q><cite> カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計 </q></cite> </a>.
2014年電気化学秋季大会, 北海道大学高等教育推進機構. 2014.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=365:szRefType="meeting":szRefHeadLine="小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫,2014年電気化学秋季大会(2014)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=365


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.