HOME 教育状況公表 本日
⇒#3322@講義;

  カーボン材料(カーボンナノチューブほか)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(カーボン材料(カーボンナノチューブほか))の親単元は カーボン材料 です。

初版
○森田茉季,…らは2010年にで開催された2010年電気化学秋季大会において粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性について報告している1)

材料カーボンナノチューブ2)

サンプル
カーボンナノチューブ3)
カーボンナノチューブ4)
カーボンナノチューブ5)
炭素スラリー6)
AMC-S7)


関連書籍新材料8)

物理量
繊維9) 150 nm
真密度10) 2.1 g/cm3
比表面積11) 13 m2/g
熱伝導率12) 1200 WK
導電率13) 1×10-4 Ωcm



粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性
○森田茉季,清水愛美,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

(1粉体圧着による電池材料と集電体の密着性評価と電池特性
○森田茉季,清水愛美,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(2@ > 無機材料 > 炭素材料 > カーボンナノチューブ
カーボンナノチューブ, (材料).
(3カーボンナノチューブ, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2009).
(4カーボンナノチューブ, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2009).
(5カーボンナノチューブ, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2010).
(6炭素スラリー, 9号館:仁科辰夫研究室, 立花 和宏, (2012).
(7AMC-S, C1講座(磁気共鳴計測グループ測定室), 伊藤 智博, (2008).
(8 > 新材料
長谷川悦雄, 有機エレクトロニクス, 工業調査会, , (2005).
(9繊維径 x / m.
(10真密度 d / kg/m³.
(11比表面積 S / m2/kg.
(12熱伝導率 λ / W/(m・K).
(13導電率 κ / S/m.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> カーボン材料(カーボンナノチューブほか) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3322'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3322 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-12-16">2019-12-16</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3322

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.