🏠
🌡️ 📆 令和6年7月17日
⇒#437@卒論;
2010 ( 2009 , 2010 , ) 卒業論文

👀 液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  06512110  森田 茉季

液晶関連 2009 2010



液晶場をプローブとした炭素材料表面の評価(仮)
液晶場をプローブとした導電助剤の表面の評価(仮)
液晶場をプローブとした・・・

炭素表面の極性・非極性、あるいは疎水性・親水性を交流インピーダンス法で手軽に評価します。

【2011年度(平成23)卒業研究】1)

【先輩】にれぎ2)たかつか3)

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),分散電極4)

メソフェーズ・カーボン・マイクロ・ビーズ5)
ハードカーボン6)
ハードカーボン7)
ハードカーボン8)
親水化アセチレンブラック9)
高比表面積アセチレンブラック10)
高比表面積・親水化アセチレンブラック11)
LiFePO4(SLFP-PT30)12)
LiFePO4(SLFP-PD60)13)
LiFePO4(SLFP-ES01)14)

【物理量】
ゼータ電位15)誘電率16)終端速度17)位相差18)

【関連講義】
ピカッとさいえんす,湿度と除湿・乾燥19)
ピカッとさいえんす,液晶ディスプレイ20)
液晶物質21) カーボン材料22) 炭素負極(グラファイトなど)23)

○森田茉季,…らは、2009年に日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1)で開催された平成21年度 化学系学協会東北大会において液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価について報告している24)。

【関連講義】
交流インピーダンス法25)
リチウムイオン二次電池電極の調整・塗布乾燥技術,リチウムイオン二次電池電極の調整・塗布乾燥技術26)
液晶関連27)
カーボン材料(グラファイト系)28)
ITO|ポリイミド|液晶分子|炭素材料(界面)29)
卒業研究(C1-電気化学2004~),銅集電体30)



緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

実験方法 > é›»æ¥µ > åˆ†æ•£é›»æ¥µ,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

ピカッと > æ¹¿åº¦ã¨é™¤æ¹¿ãƒ»ä¹¾ç‡¥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

ピカッと > æ¶²æ™¶ãƒ‡ã‚£ã‚¹ãƒ—レイ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ¶²æ™¶ç‰©è³ª,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ´»ç‰©è³ª > è² æ¥µæ´»ç‰© > ç‚­ç´ è² æ¥µï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆãªã©ï¼‰,負極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©• > äº¤æµã‚¤ãƒ³ãƒ”ーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

 > ã‚¹ãƒ©ãƒªãƒ¼ã®å¡—布・乾燥技術と電極性能評価,
仁科 辰夫,リチウムイオン二次電池電, 講義ノート, (2009).

結果と考 > å’業論文 > æ¶²æ™¶é–¢é€£,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆç³»ï¼‰,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > ï¼©ï¼´ï¼¯ï½œ > ï¼©ï¼´ï¼¯ï½œãƒãƒªã‚¤ãƒŸãƒ‰ï½œæ¶²æ™¶åˆ†å­ï½œç‚­ç´ ææ–™ï¼ˆç•Œé¢ï¼‰,ITO|ポリイミド|液晶分子(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > éŠ…集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(2液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 修士論文, (2010).
(3エネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究
高塚 知行, 修士論文, (2010).
(4実験方法 > é›»æ¥µ > åˆ†æ•£é›»æ¥µ,電極
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5メソフェーズ・カーボン・マイクロ・ビーズ, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(6ハードカーボン, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2009).
(7ハードカーボン, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2010).
(8ハードカーボン, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2010).
(9親水化アセチレンブラック, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(10高比表面積アセチレンブラック, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(11高比表面積・親水化アセチレンブラック, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(12LiFePO4(SLFP-PT30), 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(13LiFePO4(SLFP-PD60), 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(14LiFePO4(SLFP-ES01), 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(15ゼータ電位(ζ potential [V(ボルト)].
(16誘電率(permittivity [F/m(ファラッド毎メートル)].
(17終端速度(terminal velocity [m/s(メートル毎秒)].
(18位相差(phase shift [rad(ラジアン)].
(19ピカッと > æ¹¿åº¦ã¨é™¤æ¹¿ãƒ»ä¹¾ç‡¥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).
(20ピカッと > æ¶²æ™¶ãƒ‡ã‚£ã‚¹ãƒ—レイ,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2010).
(21実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ¶²æ™¶ç‰©è³ª,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(22実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(23実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æ´»ç‰©è³ª > è² æ¥µæ´»ç‰© > ç‚­ç´ è² æ¥µï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆãªã©ï¼‰,負極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(24液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池 正極合材分散状態の評価
○森田茉季,川瀬功雄,楡木崇仁,立花和宏 ,米竹孝一郎 ,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(25実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©• > äº¤æµã‚¤ãƒ³ãƒ”ーダンス法,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(26 > ã‚¹ãƒ©ãƒªãƒ¼ã®å¡—布・乾燥技術と電極性能評価,
仁科 辰夫,リチウムイオン二次電池電, 講義ノート, (2009).
(27結果と考 > å’業論文 > æ¶²æ™¶é–¢é€£,卒業論文、修士論文、博士論文
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(28実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆç³»ï¼‰,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(29結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > ï¼©ï¼´ï¼¯ï½œ > ï¼©ï¼´ï¼¯ï½œãƒãƒªã‚¤ãƒŸãƒ‰ï½œæ¶²æ™¶åˆ†å­ï½œç‚­ç´ ææ–™ï¼ˆç•Œé¢ï¼‰,ITO|ポリイミド|液晶分子(界面)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(30実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é›†é›»ä½“( > éŠ…集電体,集電体(集電子)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).


◇ 緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的


◇

🔷 実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル や 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 表にまとまっていると読者が追試しやすいです。

森田 茉季の管理するサンプル

準備するもの

サンプル の 履歴

作成手順

消耗品の 履歴

評価の方法

装置と 使用履歴

図

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。


◇ 結果と考察

物理量( 起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 図や 表、 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

図 (グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や 表 には図題(キャプション)や表題をつけます。 図や 表の 説明にはひとつの段落を使います。


◇ 参考文献 ( 書籍 ・雑誌 ・口頭発表 ・URL )

森田 茉季の学会発表


◇ 参考文献

<li> <article> 森田 茉季. <q><cite> 液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析 </q></cite>. 山形大学 ç‰©è³ªåŒ–学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=437'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=437</a>, (参照 <time datetime="2024-07-17">2024-07-17</time>). </article> </li>

<h1> 液晶場をプローブとしたリチウムイオン二次電池負極カーボン材料選びの最適条件の解析 </h1> <div style='text-align:right;'> 06512110  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=437'> 森田 茉季 </a> </div>

卒業論文 ©Copyright  2010   森田 茉季,  å±±å½¢å¤§å­¦  All rights reserved.