HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒403@卒論;
2010 修士論文

リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  渡邉 貴太
公表資料 非公表資料



導電助材不要の特殊なオリビン開発

○武田浩幸,…らは2009年に日本大学工学部福島県郡山市田村徳定字中河原1開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池の正極活物質と集電体界面の密着性について報告している1)

渡辺…らは2009年に〒606-8501 京都市左京区吉田本町で開催された電気化学会第76回大会においてリチウム電池正極活物質イオン液体2)溶媒分子ついて報告している3)

○渡邉貴太,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてクエン酸錯体法によるLiFePO4合成おける焼成条件の検討について報告している4)

音叉振動式(SV型)粘度計5)

先輩あべ6)はら7)
同輩にれぎ8)ひらやま9)
後輩小〜10)11)

関連講義卒業研究-電気化学2004,リン鉄酸リチウムオリビン12)



リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).

クエン酸錯体法によるLiFePO4合成における焼成条件の検討
○渡邉貴太,阿部智幸,松田圭悟,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2007).

音叉振動式(SV型)粘度計
,SV-1H,,(,).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1リチウムイオン二次電池の正極活物質と集電体界面の密着性
○武田浩幸,柳沼雅章,渡邉貴太,仁科辰夫,立花和宏 ,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(2MMP−BF4, 仁科プロジェクト, 仁科 辰夫, (2008).
(3イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化
○渡邉貴太,立花和宏, 仁科辰夫,電気化学会第76回大会講演要旨集 (2009).
(4クエン酸錯体法によるLiFePO4合成における焼成条件の検討
○渡邉貴太,阿部智幸,松田圭悟,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会要旨集 (2007).
(5音叉振動式(SV型)粘度計
,SV-1H,,(,).
(6オリビン型LiFePO4の電極反応機構の解析及びバインダのイオン透過性に関する研究
阿部智幸, 修士論文, (2008).
(7クエン酸錯体法によるリチウムイオン二次電池正極活物質の合成とハイレート特性評価
原 啓, 修士論文, (2007).
(8液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 修士論文, (2010).
(9アルミニウムの予備アノード酸化による有機電解液中でのブレークダウン電位の制御
平山 従仕, 卒業論文, (2008).
(10電気二重層キャパシタのインピーダンスと炭素ラジカルの関係(仮)
小林賢雄, 卒業論文, (2009).
(11電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
吉田真由美, 卒業論文, (2009).
(12実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > リン鉄酸リチウム(オリビン),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).


実験方法

準備するもの

サンプル 装置使用履歴

作成手順

評価の方法

結果と考察

グラフ

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 渡邉 貴太. <q><cite> リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,修士論文, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=244'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=244</a>, (参照 <time datetime="2017-11-20">2017-11-20</time>). </article> </li>