HOME 教育状況公表 本日
⇒#2789@講義;

  リチウム電池関係

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(リチウム電池関係)の親単元は 卒業論文、修士論文、博士論文 です。


K. Tac…らは2007年にAsymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteriesについて報告しリチウムイオン次電池の活物質高速充放電について検討しスピネルの方が高速特性における対称性がよいこと見出した はらは2007年にそれまでの研究クエン酸錯体法によるリチウムイ…と述べている1)

立花和宏,○…らは2001年に慶應義塾大学日吉キャンパス (横浜市港北区日吉4-1-1) 開催された第42回電池討論会においてリチウムイオン次電池における正極集電体/合材界面レート特性ついて報告している2)

佐藤幸裕,○…らは2001年に慶應義塾大学日吉キャンパス (横浜市港北区日吉4-1-1) 開催された第42回電池討論会において5V級リチウムイオン次電池用正極集電体のアノード皮膜特性ついて報告している3)

ますぶちは1989年にそれまでの研究アモルファス鉄酸化物正極用いるリチウム次電池というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した4)

関連講義卒業研究-電気化学2004,正極活物質5)

リチウムイオン二次電池における正極集電体/合材界面のレート特性
立花和宏,○鈴木智統,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第42回電池討論会講演要旨集 (1).

5V級リチウムイオン二次電池用正極集電体のアノード皮膜特性
佐藤幸裕,○坂本裕輔,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第42回電池討論会講演要旨集 (1).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物質,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1Asymmetric Power Characteristics at High Rate Charging/Discharging as a Function of Crystal Structure of Cathode Active Materials for Lithium Secondary Batteries
K. Tachibana, A. Hara, T. Nishina, T. Endo, and M. Sugawara, ITE Letters 8(2): pp.124-128, (2007).
(2リチウムイオン二次電池における正極集電体/合材界面のレート特性
立花和宏,○鈴木智統,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第42回電池討論会講演要旨集 (1).
(35V級リチウムイオン二次電池用正極集電体のアノード皮膜特性
佐藤幸裕,○坂本裕輔,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,第42回電池討論会講演要旨集 (1).
(4アモルファス鉄酸化物を正極に用いるリチウム二次電池
増淵 直行, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
(5実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物質,活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> リチウム電池関係 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2009. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2789'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2789 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-8-17">2018-8-17</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2789

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.