⇒#241@学会;

イオン液体を使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着による活物質のインピーダンス変化


渡邉 貴太立花 和宏仁科 辰夫, 電気化学会第76回大会 , 〒606-8501 京都市左京区吉田本町,




リチウム電池正極活物質イオン液体溶媒分子

イオン液体使ったリチウム正極活物質LiFePO4,LiMn2O,LiCoO2表面への溶媒分子吸着よる活物質のインピーダンス変化
山形大学院理工○渡邉貴太1)立花和宏, 仁科辰夫
The impedance changes of active material by solvent molecules adsorbed that the ionic liquid
for lithium cathode active material (LiFePO4, LiMn2O4, LiCoO2).
T. Watanabe, K. Tachibana, T. Nishina (Yamagata University of Science)

電池の高速充放電にはリチウムイオン濃度局所的な低下が懸念される電荷密度溶媒効果切り分けるためリチウムイオン含まないイオン液体使ってその効果検討したオリビン溶媒との親和性が非常に強いらしく独特の挙動示す


コバルトリチウム2)マンガンリチウム3)リン鉄酸リチウム4)MMP-BF5)

イオン液体 活物質 電気二重層容量 リチウムイオン インピーダンス 溶媒

卒業研究-電気化学2004,溶媒&分散媒6)
リチウムイオン次電池の正極集電体,電極と電解質リチウムイオン次電池7)

わたなべは2010年にそれまでの研究おりびんというテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した8)

イオン液体使ったリチウムイオン正極活物質(LiFePO4,LiMn2O4,LiCoO2)表面への溶媒分子吸着よる活物質のインピーダンス変化

わたなべは2010年にそれまでの研究リチウムイオン次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した9)

学会電気化学10)
関連講義卒業研究-電気化学2004,交流重畳サイクリクボルタンメトリー11)



実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分散媒,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

リチウム > リチウム > 電極と電解質@リチウムイオン二次電池,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).

【学会】電気化学会第76回大会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > サイクリ > 交流重畳サイクリックボルタンメトリー,サイクリックボルタンメトリーとインピーダンス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1渡邉 貴太人名.
(2コバルト酸リチウムLiCoO2, = 97.873 g/mol, (化学種).
(3マンガン酸リチウムLiMn2O4, = 180.8146 g/mol, (化学種).
(4リン酸鉄リチウムLiFePO4, = 157.7594 g/mol, (化学種).
(5MMP-BF4, 仁科プロジェクト, 立花 和宏, (2008).
(6実験方法 > 材料&試 > 溶媒&分散媒,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(7リチウム > リチウム > 電極と電解質@リチウムイオン二次電池,リチウムイオン二次電池における電極/電解液界面
立花 和宏,リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2007).
(8リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果
渡邉 貴太, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(9リチウムイオン二次電池鉄系正極活物質の表面修飾が有機溶媒吸着に及ぼす効果
渡邉 貴太, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (2010).
(10【学会】電気化学会第76回大会@京都府京都市
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(11実験方法 > 測定と評 > ボルタン > サイクリ > サイクリ > 交流重畳サイクリックボルタンメトリー,サイクリックボルタンメトリーとインピーダンス
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/