⇒#248@学会;

In situ電子スピン共鳴法による電気二重層キャパシタにおける炭素表面ラジカル濃度の依存性評価


, 2009年電気化学秋季大会 , 東京農工大学小金井キャンパス(小金井市中町2-24-16),




藤智博小林賢雄吉田真由美立花和宏仁科辰夫尾形健明

ESR 炭素 ラジカル 表面 EDLC サイクリクボルタンメトリー カーボン材料 イオン液体

吉~は2009年にそれまでの研究電解質カチオンと溶存酸素が電気重層キャパシタ電極の炭素ラジカル及ぼす影響というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した1)

小~は2009年にそれまでの研究電気重層キャパシタインピーダンスと炭素ラジカルの関係というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した2)

電解質に溶媒の酸化電位より高電位で脱離するカチオン使用すると発生する炭素ラジカルよって溶媒が酸化され酸化生成物によるインピーダンス増加によりEDLCの劣化が顕著になると考えられる

○吉田真由美…らは2008年に〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 州大学医学部で開催された第47 回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2008)おいて電気重層キャパシタ電極おける炭素表面ラジカル発生及ぼす電解質カチオン影響ついて報告している3)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,学会発表20094)
卒業研究-電気化学2004,イオン液体関連5)

ESRによるEDLC要電解液の劣化解析6)



電気二重層キャパシタの電極における炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオンの影響
○吉田真由美,小林賢雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,第47回電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, pp.162-163 (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1電解質カチオンと溶存酸素が電気二重層キャパシタ電極の炭素ラジカルに及ぼす影響
吉田真由美, 卒業論文, (2009).
(2電気二重層キャパシタのインピーダンスと炭素ラジカルの関係(仮)
小林賢雄, 卒業論文, (2009).
(3電気二重層キャパシタの電極における炭素表面ラジカル発生に及ぼす電解質カチオンの影響
○吉田真由美,小林賢雄,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,第47回電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集, pp.162-163 (2008).
(4緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(5実験方法 > 材料&試 > 電解液 > イオン液体関連,電解液
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6ESRによるEDLC用電解液の劣化解析プロジェクト.


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/