⇒#253@学会;

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について


柳沼 雅章遠藤 淳一立花 和宏仁科 辰夫, 第120回講演大会 , 幕張メッセ 国際会議場(千葉市美浜区中瀬2-1) ,


学会】アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について⇒#253@学会;
アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード分極によってフッ化皮膜に置換する過程について
○柳沼雅章,遠藤淳一,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会講演要旨集 (2009).



アルミニウム酸化皮膜ホウ酸など水系電解液でアノード酸化した場合のブレークダウン電位100V以上である2LiBF4など含む有機電解液中でアノード酸化するとフッ化皮膜生成することが分かっておりそのフッ化皮膜ブレークダウン電位50V以下で水系に比べてかなり低い3アルミニウム10Vのアノード酸化皮膜生成させたのち有機電解液中でアノード酸化するとブレークダウン電位が約20V上昇すると報告されている4しかし皮膜構造ブレークダウン電位上昇原因いまだ不明である本研究ではアルミニウム表面酸化皮膜有機電解液中でアノード酸化することによって生成する皮膜の結合エネルギーXPSX線光電子分光より分析した

やぎぬまは2010年にそれまでの研究リチウムイオン電池合材スラリー最適化というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業したリチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究1)

○遠藤 …らは2008年に近畿大学本部キャンパス(東大阪市小若江3-4-1)で開催された表面技術協会第118回講演大会においてアルミニウムの表面酸化皮膜有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響について報告しているアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響2)

()日本アルミニウム協会中長期委員会研究助成有機電解液中におけるアルミニウム集電体/炭素合剤の接触抵抗の評価3)

アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果4)


アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのブレークダウン電位に及ぼす影響


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/