HOME 教育用公開ウェブサービス ROBINS
⇒#818@講義;

緒言(C1講座)

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54299_09.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。


この講義の概要


概要

ラボラトリー電気化学グループC1ラボラトリー(電気化学グループ)1)の沿革

緒言

リチウム次電池は電力平準化デバイスとして更なるサイクル特性の向上が期待されているその正極集電体には電気伝導性抵抗率ρΩ·m耐食性加工軽量性密度dkg/m³コストなど視点からアルミニウム用いられるこのアルミニウム集電体の腐食がリチウム次電池の劣化機構のひとつであると報告されているしかしアルミニウム集電体腐食電池反応どのような影響及ぼすのか報告している例はないここアルミニウム集電体不働態皮膜破壊正極活物質反応サイクル特性及ぼす影響検討する

◆実験方法実験方法(C1)2)
材料&試料3)
装置と器具4)

応用化学輪講−C電気化学グループ応用化学輪講−C1(電気化学グループ)5)
科学論文論文の構成6)

◆結果と考察結果と考察(C1)7)
招待講演、セミナーなど8)
論文・報告書・解説など9)

関連書籍
現代の電気化学目次現代の電気化学(目次)10)
英語論文と学会発表の手引き目次英語論文と学会発表の手引き(目次)11)
電気化学測定法目次電気化学測定法(目次)12)

仁科研究室南西側パソコン仁科研究室(南西側)パソコン13)
作業中央区画3―3308:作業場(中央)14)

関連講義山形大学工学部,親和会15)

 > 実験方法(C1),
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 材料&試料,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 装置と器具,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

 > 結果と考察(C1),
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

結果と考 > 招待講演、セミナーなど,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

結果と考 > 論文・報告書・解説など,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

9-300-3 仁科研究室(南西側)パソコン場所.

3-3308 3―3308:作業場(中央)場所.

米沢キャ > 旧米沢高 > 1F展示 > 応用化学 > 親和会,応用化学科展示室
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1987).

(1C1ラボラトリー(電気化学グループ)研究室.
(2 > 実験方法(C1),
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > 材料&試料,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4実験方法 > 装置と器具,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(5応用化学輪講−C1(電気化学グループ),精密応用化学専修コース(〜H15),etc,物質化学工学科,山形大学
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2010).
(6 > 科学論文論文の構成
渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎, 英語論文と学会発表の手引き, ITE―JEC, , (1993).
(7 > 結果と考察(C1),
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(8結果と考 > 招待講演、セミナーなど,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9結果と考 > 論文・報告書・解説など,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10 > 現代の電気化学(目次)
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).
(11 > 英語論文と学会発表の手引き(目次)
渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎, 英語論文と学会発表の手引き, ITE―JEC, , (1993).
(12 > 電気化学測定法(目次)
藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著, 電気化学測定法, 技報堂出版, , (1984).
(13) 9-300-3 仁科研究室(南西側)パソコン場所.
(14) 3-3308 3―3308:作業場(中央)場所.
(15米沢キャ > 旧米沢高 > 1F展示 > 応用化学 > 親和会,応用化学科展示室
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1987).

関連の展示品

関連URL



<li> <article> . <q><cite> 緒言(C1講座) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818 </a> ,  (参照 <time datetime="2017-7-21">2017-7-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818