HOME 教育状況公表 本日
⇒#818@講義;

0001.  緒言(C1講座)

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/54299_09.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(緒言(C1講座))の親単元は (null) です。

初版

ラボラトリー電気化学グループC1ラボラトリー(電気化学グループ)1)の沿革

以上紹介したようにこの研究読んで私は非常に驚いたのであるこの仕事については先ず第に指導した先生がよほど偉かったのであろうということが考えられたそれから物理学の知識がさほど深いとは思われぬ若い娘さんたちが優れた物理研究或る場合には立派になしとげるという良い例が我国わがくにに出たということ嬉うれしく感じたこういう研究が出来るというのはにそして番重要なことは純粋な興味持つということであるには厳寒の仙石原で徹夜するという程度の熱心さ持つことであるには思い付いたこと劫おっくうがらずに直すぐ試みて見る頭の勤勉さ持つことであるには偶然に遭遇した現象よく捕えそれ見逃さぬこと即ちいつも眼開いて実験することであるには新しい領域の仕事始める時に怖こわがらぬことであるこの研究者たちが土の分析に手付けた時のように平気で始めることであるそれには余りに多くの知識と打算とが番邪魔になるには妙にこだわらぬことこれは何でもないようでその実なかなか難しいことであるそして以上述べたそれらの色々の心得の外ほかに研究の全体に通じて或る直観的な推理働かすことである


出典:
「霜柱の研究」について
(池内了. 雪は天からの手紙 中谷宇吉郎エッセイ集. 岩波少年文庫, . ) 2)

緒言

リチウム次電池は電力平準化デバイスとして更なるサイクル特性の向上が期待されているその正極集電体には電気伝導性抵抗率 ρ 〔Ω·m耐食性加工軽量性密度 d 〔kg/m³コストなど視点からアルミニウム用いられるこのアルミニウム集電体の腐食がリチウム次電池の劣化機構のひとつであると報告されているしかしアルミニウム集電体腐食電池反応どのような影響及ぼすのか報告している例はないここアルミニウム集電体不働態皮膜破壊正極活物質反応サイクル特性及ぼす影響検討する

◆実験方法実験方法(C1)3)

材料&試料材料&試料(消耗品)4)

装置と器具5)

応用化学輪講-C電気化学グループ応用化学輪講-C1(電気化学グループ)6)

科学論文
論文の構成
題名
著者名所属
アブストラクト
緒言
実験の詳細または理論的基礎
結果
考察
結論
要約
謝辞
考文献
出典:
科学論文論文の構成
(渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎. 英語論文と学会発表の手引き. ITE―JEC, . ) 7)

◆結果と考察結果と考察(C1)8)

招待講演、セミナーなど9)

論文・報告書・解説など10)

関連書籍

現代の電気化学目次

現代電気化学目次

序論
電気化学の基礎事項序論1)
電池とエネルギー2)
腐食と防食3)腐食反応とその制御 : 原理と応用(目次)4)
工業電解プロセス5)
表面処理と機能化6)
エレクトロニクスと電気化学7)
バイオエレクトロケミストリー8)
光電気化学9)
情報変換と電気化学10)

無機工業化学,電気化学工業@無機工業化学11)

電気化学工業@無機工業化学


出典:
現代の電気化学(目次)
(山下正通、小沢昭弥. 現代の電気化学. 丸善, . ) 11)

英語論文と学会発表の手引き目次

科学論文1)
文法文体用語
説明図および表
著作権とその利用許諾
原稿送付コンピュータ用書式
文献文献としての報文とその使いかた
情報検索サービス
上手な口頭発表の仕方
(1 > 科学論文論文の構成
渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎, 英語論文と学会発表の手引き, ITE―JEC, , (1993).

出典:
英語論文と学会発表の手引き(目次)
(渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎. 英語論文と学会発表の手引き. ITE―JEC, . ) 12)

電気化学測定法目次

目次
1 電気化学への入門1)
2 基礎的電気化学プロセス2)
3 電気化学測定法のための装置3)
4 電気化学セルの構成4)
5 電流電位曲線の測定電流電位曲線の測定 5)
6 ポテンシオメトリー電位と化学反応
7 クーロメトリー電気量から化学反応さぐる
8 ポーラログラフィー微量測定が可能
9 インピーダンス測定界面へのアプローチインピーダンス測定6)
10 コンダクトメトリー:界面情報からバルク情報へ7)
11 化学センサーデバイス化された計測化学センサー:デバイス化8)
12 回転リングディスク電極電極反応プロセスさぐる
13 過渡現象追う速い反応の測定
14 ありのままの電極表面をとらえる9)
15 表面状態測定法:電極表面をプローブする10)
16 光電気化学太陽エネルギーも変換できる
17 生物電気化学生体機能さぐる
18 エレクトロオーガニクケミストリー新しい有機合成


出典:
電気化学測定法(目次)
(藤嶋昭, 相澤益男, 井上徹著. 電気化学測定法. 技報堂出版, . ) 13)

仁科研究室南西側パソコン仁科研究室(南西側)パソコン14)

作業中央区画3―3308:作業場(中央)15)

関連講義山形大学工学部,親和会16)

仁科研究室(南西側)パソコン
3―3308:作業場(中央)

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 緒言(C1講座) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-4-21">2019-4-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=818

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.