HOME 教育状況公表 本日
⇒#2046@講義;

  論文・報告書・解説など

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(論文・報告書・解説など)の親単元は 結果と考察(C1) です。

初版
One ether-functionalized guanidinium ionic liquid as new elecrolyte for lithium battery1)

松木健立…らは1999年にLiMn2O4系に対する導電付与材集電体&電解液の効果について報告しリチウムイオン次電池の正極活物質であるマンガンリチウム2)系の電池反応において導電付与材集電体&電解液がどのような影響およぼすか検討した3)…と述べている4)

2.1 界面の数
との界面で電子の交換と電位差の維持が為されることは電気化学の基本であるそこで複数の構成材料からなる複合電極中における界面数え上げるnからなる複合電極に存在する界面の数はnから2とる組み合わせで表され(1)式で表現される

2.2 電流経路の数
電荷担体の種類が1種類ならば電流経路の数はnからなる複合電極のうち電流ソースアルミニウムシンク電解液除いた個数以下の並べ替えの総和考えれば良い

(2)

n=6の場合64であるしかし酸化皮膜と集電体の間に別の挟まることはないと仮定すればn=5なりその場合は15であるその場合の電流経路の 3に示すしかし実際には電荷担体には電子正孔リチウムイオンアニオンカチオンあるいは酸化物中のベーカンシーなど様々な種類があるためそれぞれについて独立した電流経路があるとすれば事態はさらに複雑になるしかし複合デバイスある電池内部では様々な電荷担体による多くの電流経路が存在すること把握しておくことは重要である

関連講義卒業研究-電気化学2004,却下&不採択5)
書籍大容量キャパシタ技術と材料6)
書籍精密塗布乾燥技術7)
寄稿書籍塗布方法技術情報協会8)
書籍インピーダンスの測定ノウハウデータ解析の進め方9)

正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,松木健三,第38回電池討論会講演要旨集 (1).

結果と考 > 却下&不採択,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

【書籍】大容量キャパシタ技術と材料Ⅲ
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【書籍】「精密塗布・乾燥技術」
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【寄稿・書籍】塗布方法@技術情報協会
立花 和宏, 研究ノート, (1).

【書籍】インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方
立花 和宏, 研究ノート, (1).

(1One ether-functionalized guanidinium ionic liquid as new elecrolyte for lithium battery
Shaohua Fang, Yufeng Tang, Xingyao Tai, Li Yang, Kazuhiro Tachibana, Kouichi Kamijima, J. Power souces 193(2011)1433-1441, (2010).
(2マンガン酸リチウムLiMn2O4, = 180.8146 g/mol, (化学種).
(3正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,松木健三,第38回電池討論会講演要旨集 (1).
(4LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木健三、立花和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, (1999).
(5結果と考 > 却下&不採択,結果と考察(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6【書籍】大容量キャパシタ技術と材料Ⅲ
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(7【書籍】「精密塗布・乾燥技術」
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(8【寄稿・書籍】塗布方法@技術情報協会
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(9【書籍】インピーダンスの測定ノウハウとデータ解析の進め方
立花 和宏, 研究ノート, (1).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 論文・報告書・解説など </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2008. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2046'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2046 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-4-26">2019-4-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2046

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.