⇒#556

乾燥

乾かすこと1)試料物質吸着混合溶解しているなどの溶媒除去すること2)3)般には加熱したり4)減圧したりして試料に含まれている液体蒸発させて気体にしその気体物質輸送して除去します5)印刷インキUVインキ使っている場合はUVキュアによる重合硬化乾燥呼ぶこともあります

洗濯物がよく乾くによる加熱と適度なによる物質輸送がそろっているのですね有機溶媒などの液体から除去するには金属ナトリウムモレキュラーシーブスなど使います6)

また食品乾燥するにはフリーズドライなどの方法もあります7)8)

リチウム電池の電極合材スラリー乾燥単に溶媒除去するだけでなく粉体粒子同士電気的に接触させて電気回路の形成も同時に行う必要があります9)

関連講義エネルギー変換化学特論,合材スラリー乾燥10)

動画11)
ピカッとさいえんす湿度と乾燥
http://c1.yz.yam…

関連書籍
蒸気圧12)
気液平衡状態図13)
気液平衡と蒸気圧14)
11 乾燥15)
エレクトロニクス分野における精密塗布乾燥技術目次16)
熱の出入りともなう操作17)


 > 固体の乾燥,
會田 忠弘,化学工学実験, 講義ノート, (2009).

結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第9節  > スラリーの乾燥と電池性能,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

エネルギ > 【201 > 化学工学 > 合材スラリーの乾燥,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).

ピカッと > 湿度と除湿・乾燥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

(1 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, (2007).
(2 > 固体の乾燥,
會田 忠弘,化学工学実験, 講義ノート, (2009).
(3 > 第11章 乾燥
藤田 重文 著, 化学工学 1, 岩波書店, (2011).
(4熱移動,化学系応用物質工学専修コース(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
栗山 雅文,シラバス-山形大学, (2006).
(5 > 化学工学 1(目次)
藤田 重文 著, 化学工学 1, 岩波書店, (2011).
(6有機化学基礎実験,化学系生物応用化学専修コース(Aコース),etc,(旧)工学部学科,山形大学
E388,シラバス-山形大学, (2007).
(7 > 食品工業技術概説(目次)
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, (1997).
(8 > 濃縮、乾燥
鴨居郁三、堀内久弥、高野克己, 食品工業技術概説, 恒星社厚生閣, (1997).
(9結果と考 > 書籍等 > Li電極 > 第9節  > スラリーの乾燥と電池性能,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10エネルギ > 【201 > 化学工学 > 合材スラリーの乾燥,化学工学とリチウム電池~分散・スラリーの作成と塗布乾燥~
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2010).
(11ピカッと > 湿度と除湿・乾燥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).
(12物質の状 > 蒸気圧
実教出版, サイエンスビュー化学総合資料, 実教出版, (2005).
(13物質の状 > 気液平衡・状態図
数研出版編集部, 視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録, 数研出版, (1998).
(14 > 気液平衡と蒸気圧
竹内敬人ほか, ダイナミックワイド図説化学, 東京書籍, (2003).
(15 > 第11章 乾燥
藤田 重文 著, 化学工学 1, 岩波書店, (2011).
(16 > エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, (2007).
(17 > 熱の出入りをともなう操作
川崎順二郎 種茂豊一, 化学工学, 実教出版, (2002).