HOME 教育状況公表 令和4年8月9日

吸着

1.

固体気体気相吸着固体液体液相吸着液体気体液相吸着液体液体液相吸着界面ある物質濃縮されること吸着といいます1)2)脱離脱着いいます化学吸着物理吸着に分類されます3)固体固体の場合は吸着とは言わず接触といいます

吸着表面均等に起こるわけではなく表面欠陥などが原因となります吸着がおきる表面特定の場所活性点といいます不均一触媒反応サイトになることもあります弱いファンデルールス力で結合する場合物理吸着共有結合が起こる場合化学吸着といいます化学吸着には活性化エネルギーがありあるエネルギー超えないと吸着が起こりません

高分子の吸着ではひとつのポリマー複数の吸着点があり塗料接着顔料の分散などで重要となります

乾燥剤として使われるシリカゲルモレキュラーシーブスなども吸着剤といえます#2605多孔質材料や粉体4)面積測るのには窒素などのガス吸着させてはかります窒素以外のガスも使われますまた吸着剤使って廃液の処理など行います5)6)

関連講義エネルギー変換化学特論,電池の起電力と分解電圧7)

関連書籍ガスセンサ8)

 > 物理化学実験_2009,
勝山 哲雄,物理化学実験, 講義ノート, (2009).

エネルギ > 【201 > 電池の起電力と分解電圧,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).

(1 > 表面の化学(目次)
岩澤康裕, 小間篤編, 表面の化学, 丸善, (1994).
(2 > 物理化学実験_2009,
勝山 哲雄,物理化学実験, 講義ノート, (2009).
(3 > 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―(目次)
竹内節, 吸着の化学―表面・界面制御のキーテクノロジー―, 産業図書, (1995).
(4 > 粉体と液体(溶液)の界面(吸着)
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(5 > 融ける、気化する―物質の
日本化学会, 身近な現象の化学, 培風館, (2001).
(6 > 材料物性とセラミックス
堂山昌男・山本良一, セラミック材料, 東京大学出版会, (1986).
(7エネルギ > 【201 > 電池の起電力と分解電圧,【2011年(平成23)エネ変】
立花 和宏,エネルギー変換化学特論, 講義ノート, (2011).
(8 > ガスセンサ
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, (2012).

2.

物理化学実験物理化学実験