HOME 教育状況公表 本日
⇒#3194@講義;

0004.2010.  刊行物@C1(2010◆H22)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(刊行物@C1(2010◆H22))の親単元は 論文・報告書・解説など です。

初版
One ether-functionalized guanidinium ionic liquid as new elecrolyte for lithium battery1)

金子郁枝柳…らは2010年にアルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果について報告しアルミニウム表面酸化皮膜有機電解液中でのアノード酸化及ぼす効果 かねこは2011年にそれまでの研究液晶プローブした固体材料の表面電子移動機構の解明と有機半導体開発への応…と述べている2)

Tomohi…らは2010年にApplied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetryについて報告しESRよるEDLC用電解液の劣化解析について述べている3)

Ikue K…らは2010年にEvaluation of Surface Function Group of Carbon Conductor for Lithium Ion Battery in Liquid Crystal Fieldについて報告しかねこは2011年にそれまでの研究液晶プローブした固体材料の表面電子移動機構の解明と有機半導体開発への応用というテーマ博士論文してまとめ山形大学卒業した4)…と述べている5)


2010年度平成22卒業研究6)
2009年度平成21卒業研究7)
2008年度平成20卒業研究8)
2007年度平成19卒業研究9)
2006年度平成18卒業研究10)

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1One ether-functionalized guanidinium ionic liquid as new elecrolyte for lithium battery
Shaohua Fang, Yufeng Tang, Xingyao Tai, Li Yang, Kazuhiro Tachibana, Kouichi Kamijima, J. Power souces 193(2011)1433-1441, (2010).
(2アルミニウムの表面酸化皮膜が有機電解液中でのアノード酸化に及ぼす効果
金子郁枝、柳沼雅章、遠藤淳一、立花和宏、遠藤孝志、仁科辰夫、村山勉, 表面技術 Vol.61, No.4, 2010: pp.330-333, (2010).
(3Applied voltage dependence of carbon radical in electric double layer capacitor measured by in situ ESR spectroscopy and ac cyclic voltammetry
Tomohiro ITO, Masakastu KOBAYASHI, Mayumi YOSHIDA, Tomohito SEKINE, Kazuhiro TACHIBANA, Tatsuo NISHINA and Tateaki OGATA, Electrochemistry 78, No.5(2010):pp.390-392, (2010).
(4液晶場をプローブとした固体材料の表面電子移動機構の解明と有機半導体開発への応用
金子 郁枝, 博士論文, (2011).
(5Evaluation of Surface Function Group of Carbon Conductor for Lithium Ion Battery in Liquid Crystal Field
Ikue Kaneko, Maki Morita, Tomoyuki Takatsuka, Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, and Yoshihiro Ohba, ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne Vol.3, No.3, pp.36-37(2010), (2010).
(6緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(7緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(8緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(10緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 刊行物@C1(2010◆H22) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3194'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3194 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-6-21">2019-6-21</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3194

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.