HOME 教育状況公表 本日
⇒#2883@講義;

0004.2003.  刊行物@C1(2003◆H15)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2003.html

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(刊行物@C1(2003◆H15))の親単元は 論文・報告書・解説など です。

初版
立花和宏…らは2003年にリチウムイオン次電池用の正極集電体アルミニウムについてについて報告し章は不働態化について書いています1) 立花 和宏は2000年にそれまでの研究リチウム次電池における正極集電体アルミニウムの有機電解液中の電気化学的挙動とい…と述べている2)

K.Tach…らは2003年にArchitectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion Secondary Batteriesについて報告しArchitectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion S…と述べている3)

森陽立花…らは2003年にBehavior of Dissoluved Antimony in Lead-Acid Battery Electrolyte and New Proposed Treatmentsについて報告し鉛蓄電池電解液へ溶出するアンチモン影響調べた…と述べている4)

笹田M森R…らは2003年にNew Production Process for Nano-Carbon Suspension Solution Using Isopropylalcohol for Lithium Batteries and Super Capacitorsについて報告しリチウムイオン次電池とスーパーキャパシタイソプロピルアルコール分散した微粒炭素の製造方法示した …と述べている5)

立花和宏仁…らは2003年にUnderstanding the Passive Film on Aluminum Surface Coarted with Nano-Carbon(Ultra Fine Carbon) Particlesについて報告し微粒分散炭素のリチウムイオン次電池へアルミニウム集電体への塗布性能について調べた…と述べている6)
(1リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(2リチウムイオン二次電池用の正極集電体アルミニウムについて
立花和宏, 東北大学博士学位論文(工第2060号), (2003).
(3Architectures of Positive Electrodes for Rapid Charging/Discharging Performance of Lithium Ion Secondary Batteries
K.Tachibana, T.Tomonori, C. Kanno, T. Endo, T. Ogata, T. Simizu, S. Kohara, T. Nishina, Electrochemistry , Vol.71, No.12, P.1226-1230, (2003).
(4Behavior of Dissoluved Antimony in Lead-Acid Battery Electrolyte and New Proposed Treatments
森陽一、立花和宏、池田正一郎、小沢昭弥、R. J. Brodd, ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.432-436, (2003).
(5New Production Process for Nano-Carbon Suspension Solution Using Isopropylalcohol for Lithium Batteries and Super Capacitors
笹田M、森R, 池田章一郎, 前田M,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,小沢昭弥, ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne Vol.4, No.2, pp.39 -42, (2003).
(6Understanding the Passive Film on Aluminum Surface Coarted with Nano-Carbon(Ultra Fine Carbon) Particles
立花和宏、仁科辰夫、森陽一、池田章一郎、尾形健明、小沢昭弥、R. J. Brodd, ITE Leters on Batteries, New Technologies & Medicne(with News) Vol.4, No.4, pp.451-457, (2003).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 刊行物@C1(2003◆H15) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2003. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2883'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2883 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-26">2019-8-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2883

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.