HOME 教育状況公表 本日
⇒#477@講義;

0003.  結果と考察(C1)

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/Common/Paper/Result/Result.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(結果と考察(C1))の親単元は (null) です。


緒言と目的1)

◆実験方法実験方法(C1)2)

材料&試料材料&試料(消耗品)3)

電極4)

https://edu.yz.y…

結果は事実であり結論真実です

結果は過去形で書き結論現在形で書きます

ネジバナの例

ひとつのネジバナって右巻きか左巻きか観察すればそれは事実です

たくさんのネジバナ調べて右巻きと左巻きの割合が半々であること結論づければそれは真実です

集められたデータ統計的に処理要約します関連するデータ示せばよいが結論正当化するため分に詳細に記述します明瞭簡潔にするため必要なもののみ使います

結果の考察は客観的に行い特徴および限界指摘するとともに結果解釈かつ比較しますそして当初の目的関連づけます確証があれば進んだ研究や応用示唆します考察は結果と同じセクション含めてもかわなないし考察が結論含む場合結論別のセクションする必要はありません

電気化学グループでは北海道奈良2004【2004年度(平成16)卒業研究】5)などに加しました

2006

90テストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果【論文】中川:90Aテストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果

2006

よしきエネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御6)固体電解コンデンサニオブアノード酸化皮膜自己修復に及ぼす酸化マンガン水分影響2006年6月

200610

よしきエネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御7)有機電解液中の水分がニオブアノード酸化皮膜絶縁性与える効果【論文】有機電解液中の水分がニオブアノード酸化皮膜の絶縁性に与える効果

2006年X月

イオン液体中におけるアルミニウムブレークダウン電位漏れ電流【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流

●化学と教育

http://edu.chemi…

●Electrochemisty

http://edit.elec…

科学論文論文の構成
(渡辺治夫、鈴木喜隆、小沢昭弥、長哲郎. 英語論文と学会発表の手引き. ITE―JEC, . )


緒言と目的
実験方法(C1)
材料&試料(消耗品)
電極
【2004年度(平成16)卒業研究】
【論文】中川:90Aテストにおける自動車用新鉛電池へのITE添加剤の効果
2006年6月
【論文】有機電解液中の水分がニオブアノード酸化皮膜の絶縁性に与える効果
【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 結果と考察(C1) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=477'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=477 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-6-23">2018-6-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=477

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.