HOME 教育状況公表 本日
⇒#265@卒論;
2005 修士論文

エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  04520723  田中 良樹

ニオブ関係 2005 2006

【卒論】エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御⇒#265@卒論;
エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御
田中 良樹, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).



    学生時代にこんなきれいなデータにめぐり合えるなんていえいえこちらこそありがとう!1)2)

    関連講義卒業研究-電気化学2004,集電体|電解液界面3)

    Y. Tan…らは2006年にEffect of Water Content on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyteについて報告しニオブアノード酸化皮膜あたえる水分の影響検討した4)

    2005年度平成17卒業研究5)


    2004年度平成16卒業研究6)
    2003年度平成15卒業研究7)

    2005平成17年度ノート8)
    9)
    エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御10)
    論文イオン液体中におけるアルミニウムブレークダウン電位漏れ電流11)
    非水溶媒中でのアルミニウムブレ12)

    Al,Ta,V,Nb,Ti,Hf,Bi,W,及びSi等の金属は酸化皮膜が弁作用示すので通称バルブメタル(弁金属)と呼ばれている1- 2バルブメタルであるAlやNb,TaはEDLCやリチウムイオン二次電池集電体及び電解コンデンサや固体電解コンデンサアノード極に用いられている3-5)13)
    EDLC集電体Alが用いられるようになったのは通常アルカリ性水溶液電解質中で耐食性示すNiやAgそして総ての水溶液電解質で不活性で耐食性示すAuやPtが何れも有機電解質中では耐食性示さないことがわかりこれに対しバルブメタルのTa,TiやAlは水溶液電解質と同様に優れた耐食性示すことがわかったからであるしかしバルブメタル集電体に使おうとすると誘電酸化皮膜による静電容量が直列に入って合成容量になってしまうことが懸念されたが表面炭素等の導電物質で覆うと酸化/還元電位
    酸化/還元電位よりも貴な電位領域に持っていってもこのような現象が起こらないことが見出され安価なAlが使われるようになった6リチウムイオン二次電池集電体も同じ理由でAlが使われ炭素Al集電体から活物質への電子伝導経路及び正極合材バルク内の導電助材の役割担っている7-8
    Al,Nb,Taアノード酸化して得られる酸化皮膜は電解コンデンサ誘電体して用いられる9-11)EDLCリチウムイオン二次電池違い誘電体として用いられる酸化皮膜は完全な絶縁性求められるそこで誘電体と直接触れる陰極材料工夫することにより誘電体に自己修復機能与え漏れ電流低減させているが12)湿式電解コンデンサの作動電圧は酸化皮膜の化成電圧の85%程であるのに対し13)固体電解コンデンサ作動電圧は酸化皮膜の化成電圧30%程になってしまう14) という問題点があったさらにTaと物性がよ
    さらにTaと物性がよく似ており資源が豊富で安価なNbTaの代替材料とする固体電解コンデンサはより漏れ電流が大きくなってしまう15)
    これらエネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜炭素陰極材料間には絶縁性耐食性が求められ方では選択的な電子伝導性が求められるこれらつの機能の要因はアノード酸化皮膜の表面欠陥にあるといわれている16-18)その挙動明らかにするためには実際に酸化皮膜上に炭素及び陰極材料被服した状態での評価は不可欠であるが実際にそのような条件で表面欠陥の挙動評価しているのは僅かに加藤ら19)しかいないそこで本研究ではバルブメタルアノード酸化皮膜炭素及び陰極材料間における表面欠陥挙動実際に炭素及び陰極材料被服した状態で明らかにしすること目的とした

    田中良樹の卒業論文14)

    田中良樹らは2005年に熊本で開催された電気化学会第72回大会においてバルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥について報告している15)

    田中良樹らは2005年に石川県地場産業振興センターで開催された表面技術協会第112回講演大会においてイオン性液体中におけるアルミニウムアノード酸化ブレークダウン電圧ついて報告している16)

    17)

    赤峰広規,表面技術協会112回講18)
    ARS19)20)

    論文よしきイオン液体中のアルミニウム絶縁破壊電圧21)



    結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

    緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

    緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

    緒言(C > C1履歴 > 【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).

    2005年(平成17)研究ノート
    立花 和宏, 研究ノート, (1).

    【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
    立花 和宏, 研究ノート, (1).

    緒言(C > C1履歴 > 【200 > エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御,【2005年度(平成17)卒業研究】
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

    【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
    立花 和宏, 研究ノート, (1).

     > 非水溶媒中でのアルミニウムのブレークダウン電圧,
    立花 和宏,非水カソード材料とアルミ, 講義ノート, (2006).

    【論文執筆/よしき】固体電解コンデンサ用二オブア
    立花 和宏, 研究ノート, (1).

    バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
    ○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (1).

    イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
    田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (1).

    Effect of Water Impurity on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyte
    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo,T. Nishina,ECS/JES講演要旨集 (1).

    定電位アノード酸化の温度条件とバルブメタルアノード酸化皮膜の構造変化
    立花和宏,○赤峰広規,風間晃,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (1).

    【論文】よしき:イオン液体中のアルミニウムの絶縁破壊電圧
    立花 和宏, 研究ノート, (1).

    (1固体電解コンデンサ用ニオブアノード酸化皮膜の自己修復に及ぼす二酸化マンガンと水分の影響
    田中良樹, 立花和宏, 遠藤孝志, 尾形健明, 仁科辰夫, Electrochem. 74(6): pp. 487 -490, (2006).
    (2Effect of Water Content on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyte
    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, T. Ogata, and M. Sugawara, ITE Letters 7(6): pp.517-574, (2006).
    (3結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体|電解液(界面),電極に内在する界面
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
    (4Effect of Water Content on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyte
    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo, T. Nishina, T. Ogata, and M. Sugawara, ITE Letters 7(6): pp.517-574, (2006).
    (5緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
    (6緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
    (7緒言(C > C1履歴 > 【2003年度(平成15)卒業研究】,C1履歴
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2003).
    (82005年(平成17)研究ノート
    立花 和宏, 研究ノート, (1).
    (9【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
    立花 和宏, 研究ノート, (1).
    (10緒言(C > C1履歴 > 【200 > エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御,【2005年度(平成17)卒業研究】
    仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
    (11【論文】よしき:イオン液体中におけるアルミニウムのブレークダウン電位と漏れ電流
    立花 和宏, 研究ノート, (1).
    (12 > 非水溶媒中でのアルミニウムのブレークダウン電圧,
    立花 和宏,非水カソード材料とアルミ, 講義ノート, (2006).
    (13【論文執筆/よしき】固体電解コンデンサ用二オブア
    立花 和宏, 研究ノート, (1).
    (14ニオブアノード酸化皮膜の絶縁特性に及ぼす水分の影響
    田中 良樹, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (1).
    (15バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
    ○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明,電気化学会第72回大会講演要旨集 (1).
    (16イオン性液体中におけるアルミニウムのアノード酸化とブレークダウン電圧
    田中良樹,立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (1).
    (17Effect of Water Impurity on Insulating Property of Niobium Anodic Oxide Film in Organic Electrolyte
    Y. Tanaka, K. Tachibana, T. Endo,T. Nishina,ECS/JES講演要旨集 (1).
    (18定電位アノード酸化の温度条件とバルブメタルアノード酸化皮膜の構造変化
    立花和宏,○赤峰広規,風間晃,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,表面技術協会第112回講演大会講演要旨集 (1).
    (19イオン性液体中におけるアルミニウムアノード ver 2.0.pptファイル.
    (20非水系カソード材料を用いた電解コンデンサの誘電体絶縁特性の向上,,etc,,
    仁科 辰夫,シラバス-山形大学, (2006).
    (21【論文】よしき:イオン液体中のアルミニウムの絶縁破壊電圧
    立花 和宏, 研究ノート, (1).


    実験方法

    工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

    準備するもの

    サンプル 履歴

    作成手順

    消耗品履歴

    評価の方法

    装置使用履歴

    結果と考察

    物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

    研究ノート

    グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

    図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

    参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

    <li> <article> 田中 良樹. <q><cite> 【議事】ニオブCV </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,修士論文, 2005. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=331'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=331</a>, (参照 <time datetime="2018-7-23">2018-7-23</time>). </article> </li>


    修士論文 ©Copyright  2005   田中 良樹,  山形大学  All rights reserved.