🏠
🌡️ 📆 令和6年4月22日

統計

1.

実験結果などの整理に使います。集団の中の個々の要素分布を調べ、その集団の傾向・性質などを数量的に明らかにすること。また、その結果として得られた数値のことを言う。例えば、日本人の総人口について男女別、年齢別に何人づついるのか明らかにした数値は日本人の「人口統計」という。また、ある年の、1年間に発生した交通事故を調べ、交通事故の原因別(信号無視、飲酒運転、スピード出し過ぎなど)にデータ数値)を明らかにすれば、それは交通事故原因別統計ということになる。品質管理では、生産工程で製造した製品品質について、このような形で、いろいろデータ数値)を集めて、傾向・性質を分析する。生産工程から得られる製品品質の個々のデータは、ランダム(でたらめ)に出現するが、全体としての傾向は確率的に決まっている。この理屈を基にして、データ統計的手法で解析するのが、いわゆる統計的品質管理である123統計力学の気体の運動4や、高分子化学のポリマーの重合度、化学工学の粒度分布などいろいろな学問に応用されます。

(1数学B
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(2数学C
仁科 辰夫, シラバス, (2006).
(3品質管理
立花 和宏, シラバス, (2006).
(4気体分子の統計理論
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).
#🗒️👨‍🏫実験#🗒️👨‍🏫結果#🗒️👨‍🏫品質#🗒️👨‍🏫管理#🗒️👨‍🏫数値#🗒️👨‍🏫事故#🗒️👨‍🏫品質管理#🗒️👨‍🏫統計的手法#🗒️👨‍🏫検定#🗒️👨‍🏫推定#🗒️👨‍🏫ロット#🗒️👨‍🏫工程#🗒️👨‍🏫母集団#🗒️👨‍🏫サンプル#🗒️👨‍🏫ばらつき#🗒️👨‍🏫変動#🗒️👨‍🏫検査#🗒️👨‍🏫分布#🗒️👨‍🏫標準偏差#🗒️👨‍🏫規格#🗒️👨‍🏫信頼性#🗒️👨‍🏫危険率#🗒️👨‍🏫仮説#🗒️👨‍🏫確率#🗒️👨‍🏫誤差#🗒️👨‍🏫合格#🗒️👨‍🏫不合格#🗒️👨‍🏫標準化#🗒️👨‍🏫ランダム化#🗒️👨‍🏫品質特性値#🗒️👨‍🏫QC七つ道具#🗒️👨‍🏫品質保証#🗒️👨‍🏫分散分析#🗒️👨‍🏫実験計画法#🗒️👨‍🏫正規分布#🗒️👨‍🏫管理#🗒️👨‍🏫相関#🗒️👨‍🏫ランダム#🗒️👨‍🏫データ#🗒️👨‍🏫発生#🗒️👨‍🏫統計力学#🗒️👨‍🏫学問#🗒️👨‍🏫要素