HOME 教育状況公表 本日
⇒#450@卒論;
2010 ( 2009 , 2010 , ) 卒業論文

In vivo ESR/スピンプローブ法によるラットの酸化還元状態の計測① ‐水泳運動の影響-(仮)

山形大学  物質化学工学科  尾形・伊藤(智)研    城市 香

卒業論文、修士論文、博士論文 2009 2010



In vivo ESR/スピンプローブ法によるラット酸化還元状態の計測① 水泳運動影響-

活性酸素運動関係ついて広く関心がもたれているとくに運動時には体内の活性酸素の発生量が増え生体損傷に繋がるといわれている活性酸素消去効果あると考えられている抗酸化剤はin vitro系ではラジカル還元して消去するが酸化生体へ投与した場合のin vivo系での酸化還元作用への影響は明らかでない本研究の目的はラット水泳運動負荷することによる影響と抗酸化剤の効果in vivo ESR/スピンプローブ法用いて酸化還元機能の面から明らかにすることである

これは運動による酸化ストレス酸化剤が抑制していることまた非抗酸化剤も酸化ストレス低減していることが分かったただしクレアチンは効果がないのは水泳運動がATP生成と関係しないこと示唆している

パラメータ
運動水泳
抗酸化物質
ビタミンアスタキサンチンクルクミングルタミンクレアチンアンセリン


主な実験装置
バンド電子スピン共鳴画像装置1)

先輩おかちゃん2)いしかわ3)
調査健康食品安全性の情報4)

文献
クロロゲン酸の酸化ストレスラットにおける酸化防御能の検討 : 修論. 24. 食栄. 土屋智史. 1995.3// 土屋 智史5)



Lバンド電子スピン共鳴画像装置
,自作,,(,).

【調査】健康食品安全性の情報
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).

(1Lバンド電子スピン共鳴画像装置
,自作,,(,).
(2酸化的ストレス負荷ラットの生体内酸化還元状態計測と抗酸化剤の効果
岡田宏美, 修士論文, (2009).
(3In vivo ESRスピンプローブ法による酸化還元状態計測 -ラットに及ぼす運動の影響-
石川美穂, 卒業論文, (2009).
(4【調査】健康食品安全性の情報
伊藤 智博, 研究ノート, (2010).
(5) , クロロゲン酸の酸化的ストレス下ラットにおける酸化防御能の検討 : 修論. 24回. 食栄. 土屋智史. 1995.3// 土屋 智史, , (2010).


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的

実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表URL

<li> <article> 城市 香. <q><cite> In vivo ESR/スピンプローブ法によるラットの酸化還元状態の計測① ‐水泳運動の影響-(仮) </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=450'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=450</a>, (参照 <time datetime="2019-8-20">2019-8-20</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2010   城市 香,  山形大学  All rights reserved.