⇒#305@学会;

液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析


森田 茉季立花 和宏仁科 辰夫米竹 孝一郎, 第38回炭素材料学会 , 〒464-0813 名古屋市千種区仁座町(名古屋大学東山キャンパス内),


学会】液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析⇒#305@学会;
液晶場をプローブとしたリチウム二次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析
○森田 茉季, 立花 和宏, 仁科 辰夫, 米竹 孝一郎,講演要旨集 (2011).



液晶プローブとしたリチウム次電池炭素材料の評価とリーク電流の解析

まきは2012年にそれまでの研究液晶プローブとした電気化学というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した液晶場をプローブとしたリチウム二次電池粉体材料の評価と応用1)

リチウム次電池の負極は活物質バインダーで粉体結着して構成される1)負極材料として炭素材料が使われる炭素材料種類たくさんあるがその選択指標が分議論されているとはいえないそこで液晶プローブして炭素材料評価指標としての可能性検討すること目的した
2実験方法
Table.1に示す7種類の炭素材料(人造黒鉛ハードカーボンなど)液晶ミクスチャZLI-2293(メルク)対して1wt%となるようにサンプルチューブ量り採り超音波洗浄(42kHz, 125W)5分間混合し試料得た得られた試料評価ガラスセル(ITO電極, 電極面積1cm2, セルギャd=20μm, 垂直配向用)充填し1エージング行った測定条件交流電圧V=0.5Vp-p周波数=1000Hz掃引範囲0~10V掃引速度v=200mV/sでFig.1ようにVの位相差φ0測定したさらに金線に上記炭素材料打ち込み炭素打ち込み電極作成し測定照極対極Li用いた3電極機密セル用いた電解液1M LiPF6 / EC+DEC(1:1vol%)使用し掃引速度v=50mV/s掃引範囲03.5 V vs. Li/Li+サイクリクボルタモグラム(CV)作成した得られたCVからFig.2のようにカソード側の内部抵抗r求めた
3実験結果
Fig.3にZLI-2293+炭素材料0Vの位相差φ0対する内部抵抗r示す0Vの位相差φ0と内部抵抗rに比例関係が見られたよって0Vの位相差が低い炭素材料はLi次電池に組んだとき放電の内部抵抗が低い炭素材料であると言え炭素材料選択の指針の可能性が見出された

物理量双極子モーメント μ 〔D

学会炭素材料学会愛知県名古屋【学会】炭素材料学会@愛知県名古屋市


【学会】炭素材料学会@愛知県名古屋市


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/