🏠
🌡️ 📆 令和6年4月15日
⇒#432@卒論;
2010 ( 2009 , 2010 , ) 卒業論文

👀 リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研    佐藤 史人

導電助材|導電助材 2009 2010



リチウムイオン二次電池の電極合材スラリー中炭素粒子分散剤と電解液分解に関する研究(仮)
炭素表面官能基が電極内部抵抗におよぼす影響(仮)

分散剤を変えると同じ炭素材料1)でも過電圧が変化し電解液が分解して変色する。

【先輩】にれぎ2)やぎぬま3)
【後輩】ちあき4)

ふみとは、2012年に、それまでの研究をリチウム電池正極バインダ樹脂表面への溶媒吸着が過充電時の分解電圧に及ぼす効果(仮)というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した5)。

○佐藤史人,…らは、2009年に日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1)で開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響について報告している6)。

【関連講義】
カーボン材料7)
カーボン分散液8)
界面活性剤・分散剤・乳化剤9)
バインダ10)
学会発表2009@C111)
ピカッとさいえんす,湿度と除湿・乾燥12)

【研究ノート】
2009年6月13)
炭素表面処理の影響14)

【学会】申込締切(6月15日)15)

NB-00316)
NB-00417)
NB-00518)
NB-00819)
1.4M TEMA・BF4/PC20)

音叉振動式(SV型)粘度計21)

【関連書籍】
エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術(目次)22)
粉体の液中分散23)
化学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)24)
有機ファインケミカルズ25)
分散系の電気化学26)



リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³åˆ†æ•£æ¶²,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æº¶åª’&分 > ç•Œé¢æ´»æ€§å‰¤ãƒ»åˆ†æ•£å‰¤ãƒ»ä¹³åŒ–剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒ > ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’00 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼’009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

ピカッと > æ¹¿åº¦ã¨é™¤æ¹¿ãƒ»ä¹¾ç‡¥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).

2009年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  çŸ¥è¡Œ, 研究ノート, (2010).

〆申込締切(6月15日)
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

音叉振動式(SV型)粘度計
,SV-1H,,(,).

(1デンカブラックIC-3, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 立花 和宏, (2003).
(2液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 山形大学  ç‰©è³ªåŒ–学工学科, 修士論文 (2010).
(3リチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究
柳沼 雅章, 山形大学  ç‰©è³ªåŒ–学工学科, 修士論文 (2010).
(4正極集電体へのバインダー接触と電池の信頼性(仮)
本田 千秋, 山形大学 å·¥å­¦éƒ¨ ç‰©è³ªåŒ–学工学科, 卒業論文 (2012).
(5リチウムイオン二次電池正極用合材スラリーの評価法に関する研究
佐藤 史人, 山形大学 ç†å·¥å­¦ç ”究科 ãƒã‚¤ã‚ªåŒ–学工学専攻, 修士論文 (2012).
(6リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(7実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(8実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³åˆ†æ•£æ¶²,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(9実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æº¶åª’&分 > ç•Œé¢æ´»æ€§å‰¤ãƒ»åˆ†æ•£å‰¤ãƒ»ä¹³åŒ–剤,溶媒&分散媒
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚´ãƒ ã¨ãƒ > ãƒã‚¤ãƒ³ãƒ€,ゴムとポリマー
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(11緒言(C > ï¼£ï¼‘履歴 > ã€ï¼’00 > å­¦ä¼šç™ºè¡¨ï¼’009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(12ピカッと > æ¹¿åº¦ã¨é™¤æ¹¿ãƒ»ä¹¾ç‡¥,ピカッとさいえんす
立花 和宏,ピカッとさいえんす, 講義ノート, (2009).
(132009年6月
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(14炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  çŸ¥è¡Œ, 研究ノート, (2010).
(15〆申込締切(6月15日)
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(16カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(17カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(18カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(19カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(20@ > ã‚½ãƒªãƒ¥ãƒ¼ > é›»è§£æ¶² > æœ‰æ©Ÿé›»è§£ > å››ãƒ•ãƒƒåŒ– > 1.4M TEMA・BF4/PC
1.4M TEMA・BF4/PC, (材料).
(21音叉振動式(SV型)粘度計
,SV-1H,,(,).
(22 > ã‚¨ãƒ¬ã‚¯ãƒˆãƒ­ãƒ‹ã‚¯ã‚¹åˆ†é‡Žã«ãŠã‘る精密塗布・乾燥技術(目次)
技術情報協会, エレクトロニクス分野における精密塗布・乾燥技術, 技術情報協会, (2007).
(23 > ç²‰ä½“の液中分散
小石真純, 角田光雄著, 粉体の表面化学, 日刊工業新聞社, (1975).
(24 > åŒ–学工学Ⅱ―機械的操作―(目次)
藤田重文・東畑平一郎, 化学工学Ⅱ―機械的操作―, 東京化学同人, (1963).
(25 > æœ‰æ©Ÿãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒ³ã‚±ãƒŸã‚«ãƒ«ã‚º
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, (2004).
(26 > åˆ†æ•£ç³»ã®é›»æ°—化学
日本化学会 編, 化学総説 No.7 分子レベルからみた界面の電気化学, 学会出版センター, (197).


◇ 緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的


◇

🔷 実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル や 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 表にまとまっていると読者が追試しやすいです。

佐藤 史人の管理するサンプル

準備するもの

サンプル の 履歴

作成手順

消耗品の 履歴

評価の方法

装置と 使用履歴

図

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。


◇ 結果と考察

物理量( 起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 図や 表、 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

図 (グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や 表 には図題(キャプション)や表題をつけます。 図や 表の 説明にはひとつの段落を使います。


◇ 参考文献 ( 書籍 ・雑誌 ・口頭発表 ・URL )

佐藤 史人の学会発表


◇ 参考文献

<li> <article> 佐藤 史人. <q><cite> リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究 </q></cite>. 山形大学 ç‰©è³ªåŒ–学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 卒業論文</a> , 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=432'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=432</a>, (参照 <time datetime="2024-04-15">2024-04-15</time>). </article> </li>

<h1> リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究 </h1> <div style='text-align:right;'>   <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=432'> 佐藤 史人 </a> </div>

卒業論文 ©Copyright  2010   佐藤 史人,  å±±å½¢å¤§å­¦  All rights reserved.