🏠
🌡️ 📆 令和5年10月4日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【議事】炭素分散スラリー

⇒#1359@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)佐藤史人;本田千秋

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2010.html

#アセチレン

アセチレンブラック1)

ふみとは、2012年に、それまでの研究をリチウム電池正極バインダ樹脂表面への溶媒吸着が過充電時の分解電圧に及ぼす効果(仮)というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した2)。

かめは、2011年に、それまでの研究をバインダーの分散が電池特性に与える影響について(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した3)。

ちあきは、2012年に、それまでの研究を電気化学、炭素分散、バインダー(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した4)。

【物理量】
臨界ミセル濃度5)秩序パラメータ6)被覆率7)誘電率8)双極子モーメント9)

スチレン10)
無水マレイン酸11)

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),高分子系の界面活性剤・分散剤・乳化剤12)



実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æº¶åª’&分 > ç•Œé¢æ´»æ€§ > é«˜åˆ†å­ç³»ã®ç•Œé¢æ´»æ€§å‰¤ãƒ»åˆ†æ•£å‰¤ãƒ»ä¹³åŒ–剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1@ > ç„¡æ©Ÿææ–™ > ç‚­ç´ ææ–™ > ç„¡å®šå½¢ç‚­ > ã‚¢ã‚»ãƒãƒ¬ãƒ³ãƒ–ラック
アセチレンブラック, (材料).
(2リチウム電池正極バインダ樹脂表面への溶媒吸着が過充電時の分解電圧に及ぼす効果(仮)
佐藤 史人, 修士論文, (2012).
(3バインダーの分散が電池特性に与える影響について(仮)
亀谷 宗寿, 卒業論文, (2011).
(4電気化学、炭素分散、バインダー(仮)
本田千秋, 卒業論文, (2012).
(5臨界ミセル濃度( [].
(6秩序パラメータ( [].
(7被覆率( [分率].
(8誘電率(permittivity [ファラッド毎メートル].
(9双極子モーメント(electric dipole moment [クーロンメートル].
(10スチレンC6H5-CH=CH2, = 104.15152 g/mol, (化学種).
(11無水マレイン酸C4H2O(=O)2, = 98.05808 g/mol, (化学種).
(12実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > æº¶åª’&分 > ç•Œé¢æ´»æ€§ > é«˜åˆ†å­ç³»ã®ç•Œé¢æ´»æ€§å‰¤ãƒ»åˆ†æ•£å‰¤ãƒ»ä¹³åŒ–剤,界面活性剤・分散剤・乳化剤
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
8720[BLANK]を使った実験
9469ありました、残量不明
9470ありました、残量不明
9471ありました、残量不明
9472ありました、残量不明
9474ありました、残量不明
9475ありました、残量不明
9476ありました、残量不明
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1359

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.