HOME 教育状況公表 令和4年7月1日

11. マンガ本がなくなったら―印刷技術と半導体―

山形大学  理工学研究科(工学系)  化学・バイオ工学科  伊藤智博

  1 工業製品
分類 項目 説明
金属工業 鉄鋼 鉄道レール、鉄骨
非鉄金属 銅線、サッシ
金属製品
化学工業 化学製品 洗剤、医薬品、 肥料
プラスチック製品
石油製品
ゴム製品 タイヤ
機械工業 機械 産業用ロボット
電化製品 冷蔵庫 、テレビ
情報通信機器 📱 スマホ 、 💻 パソコン
電子部品
輸送用機械 自動車
食品工業 加工食品、飲料 ビール カップラーメン
繊維工業 繊維、衣服
その他の工業 窯業 ビン、ガラス、 食器 レンガ
木材
家具
パルプ トイレットペーパー、服
印刷業 マンガ本
楽器・日用品
建設・そのほか 住宅、ビル、塔、橋、ダム
07.無機工業化学

ローマ法王の言ってることは、ほんとうにキリスト様がおっしゃたことなのか? 中世 ヨーロッパで揉めに揉めたこの議論に終止符を打ち、近世へと導いくきっかけとなったのが印刷技術だ。 文字の大量生産を可能にし、情報記録を低コスト化を実現した。 楽譜も数式も生まれた。

衣料品 お札と切手の博物館

すみだ北斎美術館 葛飾北斎。すみだが生んだ世界の画人。絵師。 しかし版画は版元、絵師、彫師、摺師からなります。 現在で言えば、版元は出版社、絵師はイラストレーター、彫師は印刷機メーカー、摺師は印刷会社ってところです。


ケイ素と半導体


  2 純物質の  化学結合の種類
結合の種類 結晶 性質や特色 物質の例
イオン結合 イオン結晶 固体は 導電率が小さい(絶縁体)。水溶液や溶融塩 導電率が大きい。 (キャリア:イオン)。 塩化ナトリウム、塩化銀、水酸化ナトリウム
共有結合 分子結晶 分子式 で表す。融点沸点は低い。 酸素、アンモニア、水※1、ドライアイス
共有結合の結晶 黒鉛や導電性高分子は、例外的に電気を通す。 ダイヤモンド、 黒鉛、 ケイ素水晶 、石英※2
金属結合 金属の結晶 導電率 が大きい(キャリア:自由電子)。 銅、亜鉛🜀 アルミニウム リチウム

※1.水分子は共有結合に分類されるが、液体の水はわずかに電離して電気を流す。 このイオン結合的な性質を、極性分子と表現する。

※2.ケイ酸塩のケイ酸はイオン結合に分類されるが、共有結合としての性質が強く、焼成などで成型することができる。

8086のインテルのゴードンムーアも、Z80の嶋正利も化学を学んでいました。


電気から電子へ

ケイ素やゲルマニウムは半導体なのか? 金属結合か、共有結合なのか、このあたりから大学の化学らしくなってくるところである。 あんなにぴかぴか光っていても、あれは金属の自由電子によるものではなく、屈折率が高いからなのである。 物性なんでもQ&A ちょっぴり自由電子があるけど、基本的に共有結合なのである。 共有結合の代表といえば、ダイヤモンド、SiC,GaNなどである。 これらはイオン性化合物ではないけど、セラミックス材料に入れてもいいんんじゃなかろうか?

周期表

↓C還元
↓Cl2
↓HCl
SiHCl3
↓蒸留
SiHCl3
H2還元
  1 シリコンおよびシリカ系材料製造工程
11. 無機工業化学 フローチャート
ダイヤモンド構造(© 黒澤大輝

スズや鉛になると柔らかく、だいぶ自由電子がありそうな気配になってくる。 でも抵抗率は大きく、 鉛電池では合金組成や集電体の形状設計には細心の検討がなされている。

✏ 平常演習 Web Class

共有結合とイオン結合は電気を流さない。14族元素単体のうち共有結合はどれか?なぜ電気を流すのか?太陽電池パネルのほどんどがSiで、有機半導体が使われない理由を調べなさい。

✏ 平常演習 Web Class


Fig シリコン・インゴット
©Copyright Kazuhiro Tachibana all rights reserved.

半導体前工程

インゴット引き上げ
インゴット切断
ウエーハの研磨
酸化
フォトレジスト塗布
回路設計・パターン設計
フォトマスク作成
ウエーハ表面にパターン形成(露光)
CVD・イオンプランテーション
平坦化
電極形成
ウエーハ検査
  2 半導体前工程
無機工業化学 エネルギー化学 フローチャート

半導体後工程

ダイジング
マウンティング
ボンディング
モールド
トリム&フォーム
選別
検査
マーキング
  3 半導体後工程
11. 無機工業化学 フローチャート

半導体レーザー

半導体 レーザーの 山ぎりカット も、エッチング加工です。


パワーエレクトロニクス

炭化ケイ素(SiC)は、 新幹線 電気自動車 を支えるパワーエレクトロニクスの主役として期待されています。

また、 HEMT は、 電波 の発信基地局や、自動車用レーダーに使われています。

  3 電子と磁気
項目電子磁気
材料 半導体、セラミックス 鉄合金、酸化物
デジタル記録 フラッシュメモリ、SDD 磁気テープ、HDD
アナログ記録 磁気テープ
マイク エレクトロレットマイク ダイナミックマイク
スピーカー 圧電スピーカー ダイナミックスピーカー
半導体レーザー LED
11.無機工業化学

パワーエレクトロニクスで共有結合のSiCやイオン結合のGaNが使われる理由を調査し、スマートグリッドにどう活用されてゆくか議論なさい。(※GaNは青色LEDの材料としても有名)


印刷の歴史と種類

文章や絵が書かれた紙を、遠くに運べば、思いが伝わる。手紙だ。通信だ。

文字が書かれた紙を、たくさん作って、配れば、たくさんの人に配ることができる。版画や印刷だ。書籍となり、図書となった。産業革命以降、印刷機に動力が使われ、さらに早く大量に配れるようになった。雑誌となり、新聞となった。

20世紀になると、人は、紙を配る代わりに、電磁波を使うようになった。無線通信だ。人は電磁波に文章を書けるようになった。放送だ。電磁波は、紙と違って、手に取ることもできなければ、見ることも、聞くこともできない。人が認識できないものに、文章を書くに至ったのだ。

  4 🗾 記録 材料としてのと印刷の 歴史
時代区分 産業 政治 世界
地質
原始
古代 古墳 の発明と漢字
飛鳥
奈良
万葉仮名
770 万葉集
770 最古の印刷物、陀羅尼、楮紙、木版画?
平安
平安女性は、ひらがな(31文字?)
料紙 *
平安男性は、漢字、漢文で日記 *
律令体制の崩れ、反古紙の活用
中世 鎌倉
室町
戦国
美濃紙
1581信長ねねに手紙 *
1590、イエズス会によりグーテンベルグによって発明された鉛活字と木製印刷機
1600徳川家康木活字
1439年頃にヨーロッパで初めて活字による印刷を行った。
1501楽譜の活字印刷 *
大航海の時代
近世 江戸 1606徳川家康銅活字
1615支倉常長和紙の手紙 * *
葛飾北斎、版画
第一次産業革命(鉄と 石炭) 1790英国のウィリアム・ニコルソンが輪転印刷機
1798年にはフランス人のルイ・ロベールが紙抄き機械(長網式抄紙機)を発明。
1840年。木材パルプ機械製造
1853年タイムズ紙輪転機
1868年タイムズ巻取紙方式輪転機
開国
近代 明治 前島密、漢字廃止論
1873大阪造幣局で、鉛室法硫酸の製造
1873 第一国立銀行設立
1890大阪朝日新聞、 印刷に輪転機採用
1905富岡製糸場
富国強兵
日本の産業革命
( 鉄道、郵便、電話、生糸)
第二次産業革命( 電気石油
大正 1923関東大震災
昭和(戦前)
⚔太平洋戦争
現代 昭和(戦後) 1964日立製作所大型汎用コンピュータを開発
1965年には日本国産のPS版 *
1971ユニオンプレス設立 *
1949年PS版 *
(写真製版)
1955年フォトレジスト *
1985 DTPオフセット印刷 *
平成 1999ガラケー絵文字 *
2001 電子マネー 2008FTTH、スマホ 2015Unicode-emoji
令和
11.無機工業化学 09.無機工業化学
92 印刷博物館

エジプト、メソポタミアは焼き物に粘土を押し付けて印刷。中国では木に墨でかいて布に転写(平版印刷)。紙があった中国で7世紀ごろ木版画が発明。経典を木版画で実現。

1438年、グーテンベルクは活字の鋳型を発明。鉛と錫の活字。キリスト今日の聖書を発明。中国に遅れること800年。 宗教改革につながります。

ピカっとさいえんす 印刷

  5 印刷
項目オフセットグラビアスクリーン活版
平版 凹版 孔版 凸版
刷版 PS版 エッチング、彫刻 活字組版
工程 ロール ロール 枚葉 枚葉
対象 フィルム
用途 紙幣 定期刊行物 ( 新聞・ 雑誌・ 年鑑 ) 書籍 ・広告、朝日新聞、暮しの手帖ニュートン、フォーカス カレンダー・パッケージ スマホ 書籍・図書、世界の名作全集など
歴史 昭和高度成長期 明治期
11.無機工業化学 12.エネルギー化学 01.化学英語Ⅱ 参考文献

写真技術

光で反応する物質を応用すれば、写真ができる。

  6 記録
情報 種別 認知 道具 記録メディア
絵画 アナログ 筆、版画
文字 デジタル 筆、タイプライター
文字 デジタル 不可 キーボード フラッシュメモリ
画像 アナログ 🎥 カメラ 写真フィルム、印画紙
画像 デジタル 不可 🎥 デジカメ
ADC
フラッシュメモリ
音声 アナログ 不可 🎤マイク
レコーダー
レコード盤、磁気テープ
音声 デジタル 不可 🎤マイク
ADC
デジタルレコーダー
CD、DVD、 フラッシュメモリ
11.無機工業化学

電子書籍と紙の本

  7 45 電子書籍紙の本
項目電子
電子書籍、メール 書籍、図書、雑誌、新聞、 文書、 論文、手紙、電報
記録媒体 半導体メモリ、 磁気ディスク、

認知不能(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録)

、モノ(石碑や木簡)
出力 ディスプレイ 、スピーカー
階調表現 輝度、デューティ 網点
カラー表現 RGB CMYK
質感など スワイプ? 風合い、匂い、手触り、重さ
デバイス パソコン、スマホ
通信 光回線、WiFi
伝達 メール、SNS 手紙、論文
プロセス 入稿、公開 入稿、刷版、校正、印刷
速報性 数ミリ秒 当日(電報)、1日(速達)から数か月(論文)
イマーシブ 可能 不可
インタラクティブ 可能 不可
レスポンシブ 可能 不可
マシンリーダブル クローラ OCR
動画 音声 の併用 可能 不可
発祥 21世紀、インターネット革命 16世紀、宗教革命
エネルギー 1600W/100TB 不要
サステナビリティ 廃熱 木材
11.無機工業化学

パターニングとフォトリソグラフィー

液晶パネル エッチング

活版、グラビア、オフセット、スクリーン、インクジェット

活版

オフセット

昭和に活版印刷からオフセット印刷へと移行します。 寅さん記念館 PS版の成長 - マークIIシリーズからマルチグレインヘ マンガ 新聞 朝日新聞社京都工場 精英堂印刷株式会社米沢工場 包装材料印刷としてグラビア印刷 小森マシナリー 塗布技術研究会 UACJ伊勢崎工場 東洋アルミ茅ヶ崎工場 合材スラリーの調整と塗布
人力織機から動力織機、自動織機へ・・・織機技術の変遷(トヨタ産業技術記念館)

オフセット印刷、スクリーン印刷、グラビア印刷、活版印刷、インクジェット印刷のうちひとつ選び、どのような身近な工業製品に応用されているかを調べ、その理由を議論しなさい。

半導体の製造工程

紙幣と フィンテック

次回

印刷のインクはどうするか?顔料と染料の違いは?

コンピュータ

印刷技術、写真技術、パターニング技術とフォトリソグラフィーについて調べ、プリンテッドエレクトロニクスが抱える課題について説明しなさい。


無機工業化学
  1. 受講にあたって
  2. 明治43年、旧米沢高等工業学校の設立―産業革命と化学工業の歴史―
  3. 1000気圧が生み出す肥料と食料―酸・アルカリ工業と水資源―
    • 高圧容器と蒸気機関
    • 肥料・火薬と空中窒素の固定
    • アルカリと山菜の灰汁ぬき
    • 高純水の製造と下水高度処理による窒素とリンの除去
  4. 3ボルトが生み出す洗剤と水素―電気化学工業―
    • 製塩とイオン交換膜
    • 水と海水の電気分解
    • アルカリと洗浄
    • 水素の製造と燃料電池
  5. 1500℃が作る東京スカイツリー―鉄鋼―
  6. 1000℃、4Vが作る新幹線―非鉄金属―
  7. 3000℃が作る航空部材―窯業―
    • 陶磁器と焼成温度
    • ガラス真空管
    • セメントとレンガ
    • ファインセラミックス
  8. ひとり毎日1キログラムの廃棄物―資源と環境とサプライチェーン―
  9. 太陽がくれた1キロワット毎平米―エネルギープラント―
    • 石炭と火力発電
    • 磁石と発電機
    • 送電線とアルミニウムと銅
    • 碍子とセラミックス
  10. トイレットペーパーがなくなったら?-パルプ、紙、繊維―
    • 麻、綿、羊毛、絹
    • 織物、編物、不織布、
    • 炭素繊維、 アスベスト 、ガラスファイバー、複合材料
    • トイレットペーパー、ティッシュペーパー
  11. 自動車がなくなったら―目指せカーボンニュートラル―
  12. マンガ本がなくなったら―印刷技術と半導体―
    • ケイ素と半導体
    • 活版、グラビア、オフセット、スクリーン、インクジェット印刷
    • 写真技術
    • パターニングとフォトリソグラフィー
    • 半導体の製造工程
  13. スマホがなくなったら―インターネットと光と音―
    • 液晶、エマルション、サスペンション、エーロゾル
    • 顔料と染料
    • バインダと接着剤
    • 液晶パネルの組立
  14. 電池がなくなったら―生活に役立つ工業製品を作ろう―
    • 🚂日用品
    • マッチ、電池、センサー
    • 介護とロボット
    • IoT
  15. 食べ物がなくなったら―環境、持続可能な社会に向けて―
    • 上杉鷹山のカテモノ
    • ビール
    • カップラーメン
    • 毒と薬
    • 持続可能な社会
  16. ヒトはなぜモノを作らねばならないのか?-ひとりひとりの幸せを大切にするために-


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53202/53202_11.asp


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.