HOME 教育状況公表 本日
⇒#4439@講義;

0001.0003.  日本の産業革命

立花 和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/Museum/MuseumGuideBook.asp

この 講義 無機工業化学 の単元です。 この講義(日本の産業革命 )の親単元は 明治43年、旧米沢高等工業学校の設立―産業革命と化学工業の歴史― です。

初版

蒸気機関で動く黒船がやってきた江戸幕府は外国の技術力の高さに驚き明治維新が起きた外貨獲得するため絹売った

新橋で鉄道が開通したってほんとが?

てんつ!先のご維新からまだ年と発ってねべや

あたらしい学制もできたごで

「んだかだどもそったら金どっから出すんだべ?」

今度は収穫高に年貢かけんでねくて土地に税金かけんだと

集まんねだったらなじょすんな?

まず銀行つうの作るっつてだ

テキスト

日本の化学工業の勃興と発展

明治時代

1880大阪造幣局ルブラン法でカセイソーダ製造開始

1901高峰譲吉アドレナリンの抽出に成功

1907フォーレ極真空管発明

1909ブラウンブラウン管の作成

1910旧米沢高等工業学校開校

1913ラングミュアハードバルブ真空管完成

大正時代

1913ハーバーシュ

1914次世界大戦勃発

1918 米沢 で人絹製造に成功!!!

関連書籍

工業化学の新しい動向

化学工業歴史1)

世界の化学工業の歴史産業革命の発祥地であるイギリスから出発したといえる

日本の化学工業の勃興と発展2)
化学工業の特徴
資源エネルギー
日本の化学工業の将来

最新工業化学持続的社会に向けて目次3)
(1工業化学 > 化学工業の歴史
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(2工業化学 > 日本の化学工業の勃興と発展
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).
(3 > 最新工業化学―持続的社会に向けて―(目次)
野村正勝・鈴鹿輝男, 最新工業化学―持続的社会に向けて―, 講談社サイエンティフィク, , (2004).

出典:
工業化学の新しい動向
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.1. ) 1)


出典:
日本の化学工業の勃興と発展
(野村正勝・鈴鹿輝男. 最新工業化学―持続的社会に向けて―. 講談社サイエンティフィク, p.2. ) 1)

取材

旧米沢高等工業学校本館重要文化財旧米沢高等工業学校本館(重要文化財)2)

富岡製糸場3)

野麦峠の館(峠の資料館)4)

硫酸ソーダその他の工業製品製造設備の模型@造幣博物館(本局)5)

横須賀市 ペリー記念館6)

渋沢史料館7)

日本8)

日本の産業革命9)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Minobu-Town. <q><cite> 日本の産業革命 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11133'> 無機工業化学 <a/a> 講義ノート, 2016. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4439'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4439 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-19">2019-11-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4439

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.