HOME 教育状況公表 本日
⇒#3164@講義;

0002.  酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学

立花和宏
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/53202/53202_02.asp

この 講義 無機工業化学 の単元です。 この講義(酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学)の親単元は (null) です。

初版

アンモニア(NH3)

  N2 + 3H2 =   2NH3
(反応-456)

明治時代

1880大阪造幣局ルブラン法でカセイソーダ製造開始

1901高峰譲吉アドレナリンの抽出に成功

1907フォーレ極真空管発明

1909ブラウンブラウン管の作成

1910旧米沢高等工業学校開校

1913ラングミュアハードバルブ真空管完成

大正時代

1913ハーバーシュ

1914次世界大戦勃発

1918 米沢 で人絹製造に成功!!!

アルカリ工業無機工業化学

純度

デンプン水で煮る加水分解

紀元前 灰汁カリウム食品の渋シュウ中和

紀元 樹皮や布灰汁で煮て製造脱脂

17世紀 キャラコ綿製造

灰汁炭酸カリウム(K2CO3)カンスイ綿石灰

炭酸カリウム(K2CO3)ナトリウム水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)アンモニアアンモニア水酸化カリウム

塩酸硝酸硫酸

材料四酸化三鉄

アルカリ工業

植物化炭素は気孔から水は根毛からそしてその他の元素はイオンかたちで根毛から吸収しますしたがって窒素リンカリウム言った肥料はイオン形で水に溶解させなければなりません18世紀の産業革命による人口爆発で食糧危機に陥った都市の住民は天然肥料たよっていた肥料科学技術なんとかならないか工夫するようになりました

空気

食品化学

関連講義お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,1)

洗浄 中和 水資源

肥料2)

肥料火薬

医薬農薬パルプ(漂白

リン肥料

アルカリ

カセイソーダパルプ繊維

ソーダガラス

アンモニア肥料

アンモニア

関連講義

無機工業化学,製塩イオン交換3)

無機工業化学,アルカリ工業20074)

無機工業化学,アルカリ工業20085)

無機工業化学,アルカリ工業と肥料水資源20096)

アルカリ工業と肥料水資源20107)

テキスト

8)

9)

関連書籍

10)

11)

12)

13)

取材お散歩の中にサイエンス探し求めて♪,造幣博物館本局14)

ソーダその他の工業製品製造設備の模型造幣博物館本局15)

仁科先生の工場見学ルポ,16)

仁科先生の工場見学ルポ,17)



 68 酸・アルカリ・肥料の歴史

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->
<li>
<article> 立花和宏. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3164'> <q><cite> 酸・アルカリ工業と肥料、水資源@無機工業化学 </q></cite> </a>.
山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11133'> 無機工業化学 <a/a> 講義ノート, 2012.
<a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3164'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3164 </a> ,  (参照 <time datetime="2020-7-4">2020-7-4</time>). </article> </li>
</article> <!-- 講義ノート  講義ノート  講義ノート  -->

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3164

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.