HOME 教育状況公表 本日
⇒#173@材料;


貴金属非鉄金属材料】銅⇒#173@材料;

銅の大綱となる 材料は、コモンメタルです。

黄銅鉱比重浮遊選鉱石灰硅石溶練

狭義の非鉄金属(銅・鉛・亜鉛・スズ)1)

1000℃、 4Vが作る新幹線―非鉄金属―2)

無駄なく電気を運ぶ導電材料-銅とアルミ- 3)

銅の電解精錬(銅・鉛・ニッケル)4)

真鍮黄銅ブラス亜鉛合金です

イオン化傾向

リチウム:Li<->Li(+)

  Li+ + e- ↔   LiEº = -3.045V
(反応-183)

K<->K(+)

K<->K(+)
(反応-181)

Ca<->Ca(2+)

Ca<->Ca(2+)
(反応-76)

Na<->Na(+)

  Na+ + e- ↔   NaEº = -2.714V
(反応-222)

マグネシウムMg<->Mg(2+)

  Mg2+ + 2e- ↔   MgEº = -2.356V
(反応-189)

アルミニウムAl<->Al(3+)

  Al3+ + 3e- ↔   AlEº = -1.676V
(反応-31)

Zn<->Zn(2+)

  Zn2+ + 2e- ↔   ZnEº = -0.7626V
(反応-3)

Fe<->Fe(2+)

  Fe2+ + 2e- ↔   FeEº = -0.44V
(反応-139)

Ni<->Ni(2+)

Ni<->Ni(2+)
(反応-228)

Sn<->Sn(2+)

Sn<->Sn(2+)
(反応-354)

Pb<->Pb(2+)

Pb<->Pb(2+)
(反応-281)

H2⇔H(+)

  2H+ + 2e- ↔   H2Eº = 0V
(反応-1)

Cu<->Cu(2+)

  Cu2+ + 2e- ↔   CuEº = 0.34V
(反応-125)

2Hg<->Hg2(2+)

2Hg<->Hg2(2+)
(反応-161)

Ag<->Ag(+)

銀|銀イオン:Ag<->Ag(+)
(反応-27)

Pt<->Pt(2+)

Pt<->Pt(2+)
(反応-299)

Au<->Au(+)

Au<->Au(+)
(反応-46)


この 材料 銅 の成分( 化学種

この 材料 銅の細目

物性

サンプル 内部資料

  • 887キャビネット(棚)の名称
  • 887キャビネット(棚)の名称
  • 887キャビネット(棚)の名称
  • Cu-PET実験準備室試薬棚
  • 銅線(0.4mm)キャビネット(棚)の名称
  • 銅 100メッシュキャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粒状)キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • 銅(粉末)キャビネット(棚)の名称
  • キャビネット(棚)の名称
  • キャビネット(棚)の名称
  • 銅線(φ0.50mm)キャビネット(棚)の名称
  • 銅棒(φ3.0mm)キャビネット(棚)の名称
  • 製品

    材料は、寸法に自由度があります。 それを実際に容器につめたり、パッケージングしたりしたものが サンプルです。


    QRコード
    https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Sample/@Specimen.asp?id=173

    SSLの仕組み

    このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

    山形大学 データベースアメニティ研究所
    〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
    准教授 伊藤智博
    0238-26-3573
    http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

    Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.