⇒#309@製品;

肥料


農業資材・肥料・農薬 ⊃ 肥料

肥料硫酸アンモニウム

有機肥料としては油粕鶏糞魚粉骨粉米ぬか石灰

縄文時代弥生時代古墳時代(~600)

肥料は使用していない

奈良時代(710-794)

レンゲソウ鋤きこんでいたようである

また山野の草木焼いた草木灰

平安時代(794-1185)

山野の草木焼いた草木灰と

草木や葉刈ってそのまま田畑に敷きこんで堆肥化させる刈敷

また地方農民も牛馬使用したことから厩肥

鎌倉時代-戦国時代(1185-1603)

戦国時代1)

この頃農民の努力と大名領主の奨励で農業技術が発達し

農業生産力が向上した

この時代の肥料も

草木灰刈敷厩肥が多く利用され

鎌倉時代末期(1300年頃)には人糞尿

江戸時代(1603-1868)

特に江戸時代では下肥(人糞尿)植物油粕や魚肥

明治時代(1868-1912)

明治中期までは大豆粕や魚肥等が中心

明治末期1890年頃になると生産量向上のために化学肥料

リン酸石灰(Ca(H2PO4)2 )硫安((NH4)2SO4 )が

窒素リンカリという化学肥料


装置

消耗品